皆さんは、お中元贈っていますか?

お世話になっている方へ、上司へ、親族へ、ご両親へ・・・っと色んな方に送る品物も迷ったりしますよね。

お中元は、日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを表すものとして夏の贈り物として贈られています。

スポンサードリンク

お中元を贈る時期っていつ?

お中元の時期は、関東地方では、6月下旬から15日ごろまでに贈るのが一般的となっています。

最近では、6月からお中元ギフトを贈り始める方が多くなるなどデパートが早くにお中元販売を始めるので、贈るのも早まる傾向にあるようです。

また、関東地方では、8月にはじめから8月15日までに贈ることが多いようです。

お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合もありますので、送る際は確認してみてくださいね。

本来ならば直接持参し、感謝の言葉と共に挨拶するべきですが、今は、デパートなどから宅配するケースが多くなっていますね。

お中元を贈る品物は何?

お中元の一般的な相場は、3000円~5000円ぐらいでいいと思います。

必ずしも、いくらという決まりはありませんが、品物の金額は、お世話になっている度合でも違ってくるのではないかと思います。

よく交流があるような親戚の方にと、何かの行事的な時にしか会わない親戚とでは、お世話の度合いが違うので、私なら、よく交流のある親戚なら5000円ぐらいのお中元で、時折合うような親戚は3000円ぐらいのお中元にします。

と言う具合に、日頃からお世話になっているか、これからもお世話になるだろうかと考え、金額を決めていってはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

ここで注意ですが、商品券やギフト券は人気がありますが、目上の方に贈るのは失礼に当たるのでやめておきましょう。

毎年同じぐらいの金額の物を贈り、前年より金額を下げることも失礼にあたるので気を付けましょうね。

だからと言って、高価すぎるものもやめましょう。

お中元の選び方は、会社なら、皆さんで使えるものだったり、季節感があるものもいいかもしれないですね。例えば、カンのジュースだったりコーヒーだったりとか。

ご家族がいる方のもとへ贈るなら、あっても困らない洗剤や調味油とか、季節感のあるそうめんとかもいいかもしれないですね。

好みが分かっている方にでしたら、一番いいですね!

もし悩むようでしたら、毎年同じものを贈るようにすれば、悩まずに済みますよ。

お中元を頂いたらお返しは?

お返し品は基本不要です。暑中見舞いを兼ねてお礼の葉書でも十分です。

マナーとしては、お中元を頂いたら、間をおかずにお礼状を出して、品物が届いたことと感謝の気持ちを伝えます。

どんな文章を書いたらよいのか分からない場合は、はインターネット上で、お中元の文例を集めたサイトがたくさんありますので、検索してみると見つかりますよ。

同額程度のお返しをすると「頂く理由はありません」「次からはしないで下さい」と言うサインになってしまう可能性が大きいのでやめた方がいいと思います。

まとめ

スポンサードリンク

贈る方も、送られる方も、何を贈ったら…とか、お返しは・・・とか悩んだりしますが、感謝の気持ちを表すものとして贈るものですので、感謝の気持ちに合った品物を贈り、頂いたらお礼を添えると言ったマナーを参考に、毎年のお中元に備えてみてください。