梅雨時になると、いつも悩まされる洗濯物。

梅雨時の洗濯物は、乾かないし、生乾きのニオイが気になりますよね。

なんかいい方法はないのかしら?

ちょっとした工夫で、これから梅雨どきにかけてのお洗濯を快適にするワザがあれば!

そんな悩みが解決出来れば良いのですが!!

良かったら参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

梅雨時の洗濯物の嫌なニオイ原因は?

臭いの原因・・・それは雑菌です。

天日干しをすると紫外線で雑菌が死ぬのが、部屋干しだと逆に繁殖します。
雑菌を比較してみると天日干しは1平方㎝当たり雑菌の数は10個とすると、部屋干しの場合はその100倍、1000この雑菌が繁殖します。

脱いだ服や使用後のタオルには目には見えませんが、皮脂や皮膚の破片が沢山付いています。皮膚の周りには普段から、雑菌が付いています。ついていても数が少ないので、この時点では臭いません。
ところが、湿ったまま適当な温度があると、雑菌はものすごいスピードで皮膚等を餌に増殖を始めます。 数時間もすると雑菌だらけになります。 そうなると臭いが出てきます。雑菌が繁殖してしまうと、洗剤で何度洗っても菌はほとんど死なずに、乾いた時はあまり臭わなくても湿ると臭うを繰り返します。

衣類・タオルを湿ったまま置いておいたり、洗濯機の中に貯めておくと菌にはちょうど良い湿度と温度があるので、どんどん増殖します。だから、衣類はすぐに洗濯しないなら、いちど乾かした状態で、通気性の良いカゴなどに保管しておくと良いです。

また、洗濯後も部屋干しなどで湿った状態が長くつづくと梅雨から夏は特にどんどん菌は増殖し始めます。

最近は部屋干し用の洗剤も出ていますし、それを使うだけでも多少は改善されるのではないかと思います。重曹を入れたり、半乾きの状態でアイロンをあてると殺菌できると聞きます。

梅雨時の洗濯物の嫌なニオイをなくす洗濯の仕方

洗濯機を使う時のポイント

・洗濯機水の量を増やす!
全自動洗濯機で機械が選択する水の量よりも、1段階~2段階上げて洗濯すると、雑菌が離れて臭いがつきにくくなります。

・洗濯機すすぎの最後にお湯を使う!(裏ワザにもありますが)
お湯ですすぎをした方が水分が蒸発しやすいので、最後のすすぎの時に沸かしたお湯を足すといいです。
熱くしすぎはダメですよ!生地がちぢんだり痛んだりするのでぬるめのお湯でやってください。

・洗濯機部屋干し専用の洗剤と柔軟剤
部屋干し専用の洗剤などは殺菌作用があるのでかなり効果的だと思います。

・洗濯機乾燥機には乾いたタオル
濡れた洗濯物と一緒に乾いたバスタオルを1枚入れておくと、それが乾燥機の内部に残った水分を吸収、洗濯物の乾きが早くなり、電気代の節約にもなります。

※洗濯機お風呂の残り湯は使わない方がいいです!!
お風呂の残り湯には雑菌が多く、臭いのものになってしまうのでキレイな水で洗う方がいいですね。
天日干しをすれば雑菌も消えるのですが、部屋干しだと雑菌が繁殖しやすいんです。

梅雨時の洗濯物の嫌なニオイをなくす乾かし方

洗濯物を乾かすには温度も大切ですが、何より必要なのは風です!
なるべく衣類に風が通るように干せば、水分が早く蒸発して、乾きも早いです! 
干し方を少し工夫するだけで大違いです。

室内に干すときは、換気扇をつけたり、除湿機をつけたり、とにかく湿気を取り除くのが効果的。
エアコンのドライ機能でも結構効果あります。
プラス、扇風機の風を当てまくって、密室にしておくと結構乾くそうです。

スポンサードリンク

雨の日は窓を開けてはダメですよ!
余計に湿気を吸い取ってしまいます。雨が降ってないときは窓開けも有効です。

・針金ハンガーよりも太いハンガーを使う
前身頃と後ろ身頃の布同士が触れ合っていたら、乾きは遅いですよね! 
なので、細い針金ハンガーより、太めハンガーに干せば、衣類の内側にすき間ができるので早く乾きます。

・ハンガー同士の間を5~10㎝話離すと良いです
ハンガー同士の間にも5~10cmの空間をつくることが大切です。
厚手と薄手、丈の長い衣類と短い衣類を交互に干せば、洗濯物の周りに空気がよく通るようになりますよ。

・風通しのいい窓際や、エアコン下に干すと良いです
効率よく風を当てるには、干す場所も大事です!
風が入ってくる窓際はもちろん、エアコンをドライモードにして風の通り道に干すと、除湿機と同じ効果が得られて、早く乾きますよ。
もちろん、この場合にも洗濯物同士の間はしっかり開けておきましょう。

・扇風機で風を当てるのもいいです
窓を開けるのが難しいときには、扇風機を利用して風をつくってしまうのも効果的。
直接洗濯物の向こうへ風を当ててしまうより、その風が壁や窓に当たってはね返るようにして空気を循環させる方が良いです。
水けがたまる洗濯物の下あたりに風を当てると、より早く水分が蒸発します。

梅雨時の洗濯物の嫌なニオイをなくす裏ワザ

いい香りのする柔軟剤でイヤなニオイをカバーしても、ニオイの元となる菌は退治できませんよ。

そこで秘密兵器!!酸素系漂白剤を使って見たください!

目に見える汚れが落ちたから、雑菌も落ちたと思うのは大間違い!除菌効果のない洗剤を使った洗濯では、下着や靴下についた大腸菌やブドウ球菌などが、洗濯中に他の洗濯物に移ることもあります!
その見えない雑菌が、洗濯物に残った水分でしぶとく繁殖!これがニオイ発生!となるのです。
イヤなニオイの原因は、洗濯どきにしっかり落とす必要があるので、酸素系漂白剤を使いましょう。

シミや黄ばみなど、洗剤で落としきれないガンコな汚れを落とすのが漂白剤ですが、除菌&消臭効果もあることは、意外に知らないですよね。
酸素系漂白剤を使うと、毎日の洗濯で除菌できます! 

使い方は、酸素系漂白剤を洗剤と一緒に洗濯機に入れるだけです!
洗濯用の酸素系漂白剤は、色柄ものにも安心して使えます。液体タイプなら衣類への影響も少ないのでシルクなどにも使えますよ。
洗濯機に、洗剤と一緒に規定量入れるだけでOKと使い方もなので簡単に除菌できますよ!

さらに お湯でパワーアップ!!
水温を40度に上げて20分つけおきが効果的です。
おねしょシーツやパパの汗など、強烈なニオイがしみ込んだ洗濯物は、40度くらいの湯に規定量の酸素系漂白剤を溶かし、20分ほどつけおきを。その後ふつうに洗濯すれば、ニオイも菌も消滅!

干すときに消臭スプレーをまんべんなく振りかけるのも裏ワザ!
干した洗濯物に、除菌効果のある布用消臭スプレーをシュッとするのも効果的です。
まだ湿っているときにスプレーすること!乾いた後にスプレーすると、輪ジミを作ってしまう場合がありますので。

まとめ

嫌な梅雨時期の洗濯は、乾かず溜り、ニオイもこもります。

いろんな解決法を試してみて、ジメジメ梅雨時期も、やり過ごしましょう!

スポンサードリンク

参考になると嬉しいです。