愛知県で行われる花火大会は、たくさんあります。

愛知県豊橋市の花火大会を紹介したいと思いますので、華麗な花火を見に行ってみてはどうですか?

スポンサードリンク

愛知県で行われる花火大会 豊橋編

豊橋で有名な花火大会は、豊橋祇園祭と炎の祭典です!

豊橋祇園祭は、手筒花火、打ち上げ花火、御神輿などがでます。

炎の祭典では、手筒花火をメインに繰り広げられる花火の祭典です。

愛知県で行われる花火大会 豊橋祇園祭

豊橋の梅雨明けを告げる「豊橋祇園祭」は毎年7月の第3金、土、日の三日間、豊橋市関屋町の吉田神社を中心に開催されています。
金曜日は、この吉田神社が発祥の地といわれている手筒花火の奉納があり、土曜日には、バラエティーに富んだ花火が豊川岸から打ち上げられ、毎年コンテストが行なわれているんです。
最終日は、みこし渡御や頼朝行列などが行なわれ、三日間とも目が離せない、豊橋三大祭の一つです。

初日は吉田神社境内で、手筒花火や乱玉花火、大筒花火が奉納され、この手筒花火は戦国時代にこの吉田神社で始まったといわれ、三河手筒のルーツとされています。
氏子町内の若者達が、手筒花火を腰に抱え、全身に火の粉を浴びながら打ち上げる姿は勇壮そのものです。
二日目は豊川河川敷から打ち上げ花火が行なわれ、夜空と川面を巨大なキャンパス向けて、天空にひそむ悪霊を吹き飛ばす意味を込めて、色鮮やかな仕掛け花火やスターマインなどが打ち上げられ、その数、約12,000発が打ち上げられます。
いろいろなところから訪れた大勢の観客を魅了します。
三日目は、吉田神社から神興のお出ましがあり、頼朝行列、饅頭配り、太鼓を打ちながら踊る笹踊りなどが続きます。

初日に行なわれる手筒花火は、基本的に全て自分で作るんですよ!
竹を切りに行き、縄を巻き、竹の節を抜き、吹き出し口のかがみを作り、火薬を詰める。
この様な工程を約一ヶ月かけて手筒を作り上げます。
手筒一本に詰める火薬の量は、約1.8キロ~3.0キロもあり、それを脇に抱えてあげるのですから、まさに命がけです。
その為一本一本を慎重に作り上げれる様、自分で作るようにしているそうです。
燃え尽きるまで数十秒間ですが、噴き上げる火柱は迫力に満ちています。

愛知県豊橋市
開催期間 2015年7月17日(金)~2015年7月19日(日)

説明
17日(金)吉田神社境内で手筒花火約300本
18日(土)豊川河畔で打ち上げ花火約12,000発が奉納される
19日(日)吉田神社から神興渡御

スポンサードリンク

愛知県豊橋市で元禄元年より続く、歴史ある祭りのメインイベント。
吉田神社発祥である手筒花火が披露され、6号玉、8号玉、コンクール花火が見られるなど、バラエティに富んだ花火が豊川河畔から打ち上げられます。
毎年、水上花火、超ウルトラスターマインなど、10000発以上の様々な花火があがります。ラストはファンを魅了する大スターマイン!!
穴場スポットである豊橋公園での見物がオススメですよ。

屋台も、会場周辺と豊橋公園と吉田神社の近くに出店していますが、混雑しますのおで早めに買い物を済ませた方がいいですね。

愛知県で行われる花火大会 炎の祭典

豊橋が発祥の手筒花火のお祭りです。
古くは戦国時代までさかのぼる愛知県東三河及び遠州地域の伝統的な花火「手筒花火」は、この地域独特の花火です。
自ら筒を抱え、轟音と共に立ち上がる火柱とその中で仁王立ちする姿は豪快にて勇壮華麗です。

東三河地域に広がる手筒花火は、竹筒を抱え、火の粉を体に浴びながら打ち上げられます。
20mにものぼるいくつもの炎の柱は、他にはない壮大なスケール。手筒花火のほか、仕掛け花火など多彩な花火が楽しめる。

手筒花火は、1メートルから大きいものだと最大で20メートルにもなる火柱が上がる花火の打ち上げを、人が抱えながら行います。
火の粉を体に浴びながら、一斉に披露される大迫力の手筒花火は必見です!!
炎の祭典では、その手筒花火と和太鼓の競演、仕掛け花火などの多彩な花火も楽しめます。

・第19回炎の祭典 打ち上げ数870発(手筒花火220本を含む)

愛知県豊橋市
開催日時2015年9/12(土)
開催場所 豊橋市営球場

愛知県豊橋市で行われる手筒花火を中心とした大会です。
乱玉やスターマイン、大筒、綱火など、さまざまな花火が楽しめます。
なかでも、一斉に披露される25本の手筒花火は必見です!!また、和太鼓演奏と花火の一体感も見ものですよ。

この祭典に行くのであればS席でもできるだけ前の席がお薦めです。S席後ろの席だと少し見にくいと思います。
手筒花火は間近でその迫力を体感すべきです。
見るポイントは横一列になって手筒花火を打ち上げる様です。20何発一斉打ち上げなど迫力のあるものもありますよ!

まとめ

豊橋の花火大会は、手筒花火が迫力あって見ものです。

近くにいると、心臓を打たれるような振動と共に迫力が味わえます。

スポンサードリンク

見て見ると感動しますよ。