6月に入ると日中の気温が夏日になり、30℃を越える真夏日も増えてきます。

この時期になると増えてくるのが『食中毒』です。

暑くて湿度の高い9月までは最も多く発生する時期なんです。

中でも調理から食べるまで時間が空くお弁当は注意が必要です。

子供の幼稚園などのお弁当はどうされてます?

やはり、菌がウヨウヨになる夏は、色々と気を付けなければなりません。

夏のお弁当、その時はどうしたいいのか?などとまとめてみました。

スポンサードリンク

夏のお弁当のおかずは冷凍食品がいいの?

現代は、市販の冷凍食品を凍ったまま保冷剤代わりにお弁当に入れるという商品が売られています。

でも、家庭で作って冷凍したおかずを凍ったままお弁当に入れてはいけません!!

実はこれもこの時期には避けたいものなのです。

家庭用冷凍庫で冷凍された食品は、市販の冷凍食品に比べ凍るまで時間がかかるため、解凍時に水分が出やすく、この水分も菌が増殖する原因になるのです。

自家製の冷凍おかずは必ず一度レンジなどでしっかり再加熱して冷ましたものを入れましょう

しっかり冷まさないと、菌が繁殖してしまいます!

菌は0~60度で湿気が多いと繁殖します。

特に20~40度が最も繁殖が多いのです。

幼稚園等でのお弁当のおかずに困る夏

幼稚園などは、毎日のように持って行くお弁当なので、夏場は食中毒など気を付けないといけません。

食欲が無くなったりもするので、幼稚園等で、持たせるお弁当は、少しだけ味付けを濃い目にしておくといいです。

スポンサードリンク

あまりこってりしたものはかえって気持ち悪くるかもしれませんが、塩味、酢(後述)、しょうゆ、スパイスなどで食欲増進をはかりましょう。

塩分と酢は、食品の傷みも防ぎます。

幼稚園にもよりますが、弁当を保管してくれる部屋があるところもあるのですが、そんなのないよっと言う方は、参考にしてみてください。

外仕事では夏のお弁当のおかずはどうする?

お弁当を置いておくのが、日陰も無く炎天下や、車内に置くしか出来ない場合の外仕事の方もいると思います。

そんな時は、必ず、最初にも言ったように、お弁当のおかずは冷ましてから入れてください。

大きめの保冷バックの大き目の保冷バッグの底に保冷剤を敷き詰めて、弁当を入れてください。

凍らせておいたお茶などのペットボトルに濡らしたハンドタオルを巻いてビニール袋に入れて、その保冷バックに入れておく。

お昼ごろまで余裕で大丈夫ですよ!!

ただ、冷えすぎるかもしれませんので、保冷剤や凍らせたペットボトルを調節してくださいね。

飲みたい物を凍らせておけば、昼に冷たい飲み物も飲めますしね!

外仕事では、汗をいっぱいかくので、熱中症等の危険もあるので、塩分にも気を付けたおかずを入れましょう。

でも、食欲もなくなると思うので、食べやすいおにぎりにおかず少々+梅干しなどの塩分補給も!

冷し中華かそばなども良いと思います。そばつゆは凍らせてシャリシャリしてる感じも良いと思います。

まとめ

殺菌、防腐効果のある梅干しやお酢、生姜やカレー粉などをおかずに取り入れると、菌の増殖を防ぐ事ができます。

いつものおかずに少し加えるだけでも効果抜群です。

スポンサードリンク

除菌シートは、パセリ・紫蘇の葉・バラン・笹など同様の効果がありますよ。