お盆の時期に、なすときゅうりに割り箸などで作った動物?みたいなのを見たことがあると思いますが、これってなあに?っと思ったことありませんか?

何て名前なんだろうか?

これは食べるの?

などなど、ハテナ?っと思ったことをまとめてみました!

初盆のお供えは?

スポンサードリンク

お盆になすときゅうりで作る動物の名前

お盆に、おばあちゃんのところに行くと、盆棚になすときゅうりで作った動物らしきもの見たことありますよね?

それは何て名前なんだろう?

知ってますか?

きゅうりで作るのは馬。

なすで作るのは牛

どちらも 精霊馬(しょうりょううま) といいます。

お盆のなすの牛きゅうりの馬を作る意味

お盆になると、地獄の釜の蓋が開いて、ご先祖様が帰ってくると言われています。

その目印として迎え火を焚きます。

きゅうりは馬に見立てて、あの世からこの世へ早く家に到着出来るようにと。

お帰りは送り火を焚いてお見送りをします。

スポンサードリンク

なすは牛にみたてて、この世からあの世へのろのろ進む牛に乗りゆっくり帰れるようにと。

昔に、このようにおばあちゃんに聞いたことがあります。

他の説では、ご先祖様が乗るのが馬で、荷物を載せるのが牛ともいわれます。

また、きゅうりやなすではなく、真菰という稲科の草で馬の人形の精霊馬を作るところもあります。

あれだけ盛大に、極楽往生のための法要をやるのに、ご先祖様はみな地獄の釜からやってくるなんて、考えてみればおかしな話ですね。

お盆で作ったなすの牛きゅうりの馬の処分の仕方

お盆の期間中、ずっと飾っておきますので、痛んでくることもありますが、これは食べません。

お寺でお炊き上げか、川や海に流すか、土に埋めます。

今では、環境汚染問題などがあるので、川や海には捨てれませんので、ゴミとして捨てる場合は、塩で清めて白紙に包みます。

地方によっては行事や風習などがちかいますが、これでよいかと思われます。

まとめ

この精霊馬(しょうりょううま)を作るのは地域的なものです。

おもに東日本では行うと思いますが、四国のあたりでは作らない家が多いように思います。

スポンサードリンク

地方によっては、お盆時期が違うかと思いますが、今までなすやきゅうりで精霊馬を作った経験がない人は、ぜひ作ってみて下さいね。