初盆ですと、何をどうしていいのか?

提灯などの飾り方ってどうするの?

提灯って1日中灯すの?

お盆が終わったら、提灯はすてるの?

処分の仕方は?

などなど、疑問があると思います。

初盆の提灯に関してまとめてみました。

お盆の精霊馬

初盆のお供え

スポンサードリンク

初盆の提灯の飾り方

盆提灯は、精霊棚(盆棚)や、仏壇の前に一対、二対と飾ります。

贈られた盆提灯は、多ければ多いほど故人が周囲の方々から慕われていたことを示すものとして、たくさんの盆提灯を飾る風習の地域もあります。

最近は場所が狭い家庭が多いので、小さくて良いものを飾る傾向にあります。

飾る数に決まりはありませんので、狭い場合は一つでも二つでもよいでしょう。

新盆の場合は、普通の絵柄の入った盆提灯のほかに、新盆用の白提灯を飾ります。

新盆用の白提灯は、初めて故人の霊が家に帰る目印として、玄関や縁側の軒先に飾りますが、最近は防犯上の心配もあり、部屋の窓際や仏壇の前に飾る場合も多いです。

新盆用の白提灯は、一つあればよいです。

白提灯はローソクの火を灯せるようになっていますが、危ないので火を灯さないで、ただ飾るだけで迎え火とする場合も多いです。

安全のために盆提灯用のローソク電池灯もあります。

今では、住宅事情で、精霊棚を飾らないところもあるようです。

仏壇も精霊棚を兼ねますので、仏壇にお盆のお供えをして盆提灯は仏壇の前に一対、二対と飾ります。

新盆の場合は、普通の絵柄の入った盆提灯のほかに、新盆用の白提灯を一つ飾ります。

初盆の提灯はいつから灯す

地域によって違居ますが、東京・静岡・名古屋あたりは7/13~7/16までをお盆としますが、その他の地域(※函館・熊本を除く)では8/13~8/16までをお盆とします。

7月と8月、どちらのお盆も15日を中心とし前後3日間。
盆入りが始まる13日に「迎え火」、盆が終わる16日に「送り火」を行うのが一般的とされています。

東京・静岡・名古屋 など7月にお盆行事をする7月盆の場合は7月初旬から飾っても頂いても結構です。

片付けるのは、送り火を終えお盆が明ける17日以降ということになりますが、8月初旬まで飾って頂いても問題ありません。

大半を占める8月盆の地域の場合は8月一杯まで飾って頂けます。

提灯を灯す時間帯は、基本的に陽が暮れてから点すのが基本です。

点灯は陽が暮れてからを基本とし、日中は手を合わせる時など必要に応じて点灯と言う感じです。

初盆の提灯を処分するには?

初盆用の白い盆提灯は原則として一度限りの使用となります。

送り火を終え、お盆が終わる頃には各ご家庭では、白い盆提灯を燃やし処分します。

しかし現在の住宅事情では、自宅で盆提灯を燃やす訳にもいかないですし、ダイオキシンなどの環境問題に配慮してお焚き上げをする寺院も随分と少なくなりました。

ご家庭で出来る盆提灯の処分の仕方として、まず手を合わせお祈りした後に盆提灯一部を燃やし、鎮火を確認してから丁寧にくるんでゴミとして処分するといった形でいいと思います。

また地域によってはお盆の飾り物の収集場所と日時が決まっているところもあると思いますので、市町村役場や寺院に聞いてみるとわかると思います。

絵柄のついた提灯は、翌年以降も毎年飾ります。

お盆が終わったらほこりを落とし、部品をきれいに拭いて、防虫剤を入れてしまっておきましょう。

まとめ

スポンサードリンク

お盆にも地域によっては、違いがありますが、提灯などの飾り方や処分の仕方は同じだと思うので、参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク