毎年、夏休みの宿題に悩まされるのは、子供だけではないですよね。

工作が得意な子なら早く済ませてしまいますが、苦手な子は・・・・

小学生の子供がいる方には、夏休みのイベントも言える、工作や、自由研究、読書感想文などのお手伝いがやってきます(;゚Д゚)

そこで、アイデアのお裾分けです(#^^#)!!

夏休みの宿題自由研究は?

スポンサードリンク

夏休みの工作イデア貯金箱

最近は、アイデア貯金箱キットとか言うのもたくさん売られています。

私も、息子の夏休みの工作で、アイデア貯金一緒に作りましたよ(;^ω^)

100円ショップで売っているグッズを使って作るのもいいですね。

空き缶や、空き箱、ペットボトル、プルトップ、ペットボトルのキャップなどなど、いっぱい材料はあります!!

面白い仕組みがあったり、見た目が、すごく綺麗だったり、メッセージが詰まっていたりなど、貯金箱に何か1つでも印象に残るものを作るといいと思います。

夏休みの工作アイデア貯金箱を作る低学年は?

低学年が作る貯金箱ですと、クオリティーが高いと、絶対に親が作ったな!!っとわかります。

親はお手伝い程度に、子供が作れる感じで作るといいですよね。

低学年では、まだ手先が器用な子も少ないと思います。

なので、あまりにも細かいものは、親が手伝う感じで、大まかなことは、子供にやらせてください。

紙粘土など使うと、子供も喜びながら出来るんではないでしょうか?

例えば、恐竜や動物を、色紙粘土(100均で売ってます)で作って、口からお尻にお金が出るように、空洞にします。

お尻のところには、お金が出てきますので、ケースを置く。

このぐらいなら、低学年の子供でも楽しく作れるのではないでしょうか?

少しレベルアップで、檻を段ボールで作り、作った恐竜や動物の口を上に向け、口当たりのところだけ段ボールで穴をあける。

そこの穴にお金を入れると、口に入り、お尻から出るっと言った形で、餌をあげろような感じの表現ですね。

色紙粘土でなくても、普通の紙粘土で作って、絵の具などで塗っても良いと思います。

夏休みの工作アイデア貯金箱を作る高学年は?

さて、高学年にもなると、もうちょっと知恵のあるものにした方がいいかと思います。

輪ゴムや、磁石などを使った、動く仕掛けがあったりするものもいいんではないでしょうか?

うちの息子が作ったのは、割り箸と、段ボールと、空箱で、硬貨がコロコロと左右に落ちて行って、硬貨別にお金が落ちていくと言ったものを作りました。

だいたいのコロコロ転がるのは、割り箸で溝を作り、硬貨が落ちない幅で割り箸に付けます。

それを、空き箱に傾斜を付けて貼っていきます。

何本か傾斜を付けて貼ったら、最後の傾斜の部分は硬貨が落ちる幅を空けて行きます。

その時は、硬貨が小さい順にうちて行くので、小さい幅から順に開けていってください。

順番は、1円⇒50円⇒5円⇒100円⇒10円⇒500円 っとなります。

空ける幅は、上の効果の大きさの順で言いますと、1円(20.0mm)50円(21.0mm)5円(22.0mm)100円(22.6mm)10円(23.5mm)500円(26.5mm)

このように、小さい硬貨順にプラス1mmぐらいを目安に開けて行ってください。

もし、この硬貨全部はいらなければ、50円と100円と500円とか少なくしても良いと思います。

最後は、小さい箱や、ケースを、それぞれのお金が落ちるところに置きます。

空き箱の効果導入口を穴開けて出来上がりです。

まとめ

親は、子供に『早く宿題終わらせなさい!!やりなさい!!』

子供は、『8月になったらやるよ~』

など、のんきなものです(;´Д`)

でも、長い長い夏休みですが、8月後半にもなると、宿題がたまって焦ります。

スポンサードリンク

休みの終わり頃に慌てないように宿題は早めに済ませておきたいものですね。

スポンサードリンク