夏になると、冷房が欠かせませんよね。

冷房が聞いていなかったり、冷房が付いていなかったりすると、熱中症などにもなりますが、冷房が効きすぎたりするのも、冷房病にかかりやすくなります。

そんな冷房病、どんな症状で、原因は何だろうか?

それに対しての予防策は?

私もオフィスワークなので、冷房病の予防をしっかり身に付け、対策をと思いまとめてみました。

参考にどうぞ

熱中症対策

夏バテ対策

スポンサードリンク

冷房病の症状とは?

冷房の使用し過ぎで体の体温調整機能に変調が起こり、自律神経の失調から体にさまざまな悪影響が出ることを、総称して「冷房病」といいます。

人の体には体温調節機能が備わっています。

暑いときには汗をかいたり血管を拡張させたりして、体内の熱を外に出そうとします。

逆に寒いときには血管を収縮させて体温が下がるのを防いでくれます。この機能を司っているのが自律神経です。

ところが暑い屋外と冷房の効いた部屋の出入りを繰り返したり、冷房の効いた部屋に長時間居続けたりすると、自律神経の機能が低下してしまいます。

このため、体温調節がうまくできなくなり、汗をかきにくくなります。

汗をかかないと体内に疲労物質がたまり、体のだるさや疲れ、足腰の冷え、肩こり、頭痛、腹痛、下痢などの不快な症状が起こるのです。

冷房病の原因は?

温度を低くしすぎたり、冷風を体に直接受けたり、暑い屋外と冷房の効いた部屋といった温度差の激しいところの出入りを繰り返すことによって、自律神経の失調が起こり、体の不調の原因となります。

お年寄りや乳幼児は体温調節が苦手ですので、特に注意が必要です。

冷房病は女性に多く見られます。

女性は男性に比べて筋肉が少なく、基礎代謝量や体温を上昇させる機能が低いことから、体が冷えると元に戻りにくいといわれています。

また、女性は夏になるとノースリーブやミニスカートなどで肌を露出する機会が多くなり、体を冷やしがちです。

さらに、体を締め付ける下着やハイヒールなどで血液の流れを妨げてしまいます。

できるだけ体を冷やさず、締め付けない服装を心掛けましょう。

男性も安心はできません。

冷えには強いと過信して何も対策をとらないでいると体調を崩すケースもあります。

予防策をとり、冷房病を防ぎましょう。

冷房病を予防するために

オフィスにお勤めの方や出は入りが激しいところにお勤めの方は、冷房がすごく効いていると思います。

冷房の風がなるべく体に直接あたらないようにし、薄いカーディガンやひざ掛け、厚手の靴下などで体の冷えを防ぎましょう。

寒く感じたときは、出来れば冷房を止めましょう。

冷房の効いた部屋で長時間過ごすときは、時々軽い屈伸運動などをして足先の血流をよくしましょう。

冷たい空気は足元にたまっているので、一旦窓を開けて空気を入れ替えましょう。

冷房の温度は、外気温との差が5~7度以内になるように設定し(真夏では27度前後)、体を冷やし過ぎないようにしましょう。

夜はかけっぱなしにせず、タイマーを使ったり、寝る前に寝室をぐんと冷やしておいて、寝るときにはクーラーを切るようにしましょう。

冷風を体に直接当てない!!

冷風を体に直接受けると、実際の温度よりも低く感じますので、吹き出し口の向きに注意しましょう。

冷気は下にたまりやすいので、赤ちゃんは高い場所に寝かせるようにしましょう。

血行を良くするです!!

スポンサードリンク

一日中、冷房のきいた部屋におらずに、時々外へ出て体を動かしたり、歩いたりして血流を改善し冷えにくくしましょう。

また、暑いからといってシャワーだけで済ますのではなく、おふろにゆっくり入ったり、寝る前に体をマッサージしたりするなど、血行を良くすることも冷房病の予防に効果的です。
スポンサードリンク