汗のニオイは、老若男女、気になる方は気になりますよね。

なんで汗をかくのか?

なんで臭うのか?

私も気になっている一人です。

私の知っているニオイの原因や対策など参考になればと思います。

スポンサードリンク

汗のニオイの原因は?

私たち人間の汗は、汗腺という場所から汗をかきます。

汗は、もともと臭わないって知ってます?

汗と言うのは、出てきた瞬間は全然臭いはありません。

体温を下げるために血液から絞り出して、汗という物が作り出されるので、汗自身には臭いは全然ないのです。

では、なんでニオイかあるのか?

肌には菌が色々といます。この菌が餌にしているものが、汗に含まれるアミノ酸であったりとか、皮脂であったりします。

それをこの菌は食べて、ニオイを発生させているのです。

でも、汗腺には2種類があり、汗腺の違いによって性質も異なり、汗も異なるものになるのです。

さらさらしてほとんどニオイのないのが先ほど説明した汗腺で、全身にある小さな汗腺でエクリン腺といいます。

もう一つの汗腺は、わきの下や生殖器などの一部にある大きな汗腺でアポクリン汗腺といい粘り気のあるニオイの強い汗です。

このアポクリン汗腺が大きかったりすると『わきが』ということになります。

汗のニオイを消すオススメの対策?

汗をかいたらすぐに汗を早く拭きとったり(あれば消臭作用のある植物抽出エキスなどを配合したウエットシートなどで身体を拭いておけばOK)、汗をかいた服は早めに着替えるとなど対策をするとニオイがあまり出ないと思います。

が、そんなにすぐには拭けたり着替えたりなんて出来ないと思います。

消すぐらいなら、デオドラントなどの制汗剤などが一番早いかと思いますが、制汗剤は汗を抑えることが目的なので、ニオイの原因である菌の繁殖を抑えたり消毒することが出来ない、もしくは出来たとしても、殺菌力が弱いものなのです。

対策は、お風呂やシャワーの時に使う石けんに殺菌効果のあるものを使います。

この手の石けんはいろいろありますが、高いからと言って効果が強いとか長く持続するとか言うことは期待しない方がいいです。

要は原因菌を殺菌出来ているかどうかなのですから、安価な手洗いに使う殺菌消毒の石けんでも効果は変わりません。

手の石けんでも全然大丈夫です!脇と足だけ専用として使います。

次に、ニオイ対策でアルム石系の物がありますから、これを使うと完璧です。

昔はミョウバンを擦り込んでいたと聞いたこともあります。

汗のニオイが取れない服の洗濯

洗濯をしっかりしているのに汗のニオイが取れない服があったりしますよね。

たくさん柔軟材を入れてみたりとか、酸素系の漂白剤を使ってみたりとか、いろいろと試しているのに、どれも効果薄かったり・・・

そこでうちでは、除菌剤配合の洗剤で、数時間漬け置き洗いしてから普通に洗います。

漬け置き中に、ニオイのもとになる雑菌が除菌されます。

それでもだめな時は、薬局で売っている逆性せっけんで洗うと完全に殺菌され、ニオイが消えます。

他には、煮洗いと同じ原理で、洗濯機で洗う前に、粉末の洗剤と粉末の酵素系漂白剤を溶かした40~60℃のお湯に漬け込み、洗剤や漂白剤の成分を活性化させ効果を高めます。

これは、ニオイが取れるだけじゃなく色のくすみや、汗ジミ、皮脂汚れなども落ちますよ!!

まとめ

夏だけじゃなくても、多汗症の方などの悩みは1年中ですので、汗の悩みは尽きません・・・

私も、多汗症ではないですが、緊張すると尋常ではないほどの汗をかいたりします。

そうなると、汗のニオイが気になってしまってしかたなくなります・・・

でも、この方法などで、あまり気にならなくなりました。

他には、汗パットをしたり、それでも気になる時は、デオドラントですがね( *´艸`)

スポンサードリンク

色々自分に合ったものを試してみてくださいね。

スポンサードリンク