熱中症には、何種類かの症状があるの知ってますか?

その種類によっては、措置の仕方も違います。

熱中症にならないように、日頃から気を付けなければいけません!!

そんな、それぞれの症状や措置の仕方、対策を探ってみました!!

熱中症は部屋の中でも!?

熱中症の種類と症状

熱中症には、熱けいれん、熱失神、熱疲労、熱射病と分類されます。

それぞれの症状は・・・

熱けいれん

暑い環境の作業で大量の汗をかくと、血液中の塩分が急激に失われ発症する。
筋肉に痛みを伴うけいれんや頭痛、めまい、吐き気を生じ、体のあちこちの痛み、こむら返り、脈拍も増えるが体温の上昇はない。

熱失神

顔面蒼白、めまい、立ちくらみ、全身脱力感、血圧低下、大量発汗、進行により失神する事もある。

熱疲労(熱疲はい)

脱水症状により体温調節不能になり、頭痛、めまい、吐き気、体温上昇、意識障害など起きる。

熱射病(日射病)

皮膚があかくほてる、熱があるのに汗が出ない、体温の異常上昇、意識障害、血圧低下、けいれん、めまいなどの症状が現れ、昏睡、死に至ることもある。

このように、それぞれ症状が違います。

それによっての措置も違います。

熱中症の種類別の救急借置

熱中症の措置と言っても、それぞれの種類(タイプ)によって措置の仕方があります。

熱けいれん

涼しい場所に移動させ安静にする。
塩分が失われるとけいれんの症状が出やすいので、水分とともに塩分の補給をする。

熱失神(熱虚脱)

涼しい場所に移動させ、足を顔より高くして寝かせ、手足を身体の中心に向かってマッサージする。
自力で水分・塩分を取れるなら飲ませる。

熱疲労(熱疲はい)

子の症状の時も、熱失神と同じで、涼しい場所に移動させ、足を顔より高くして寝かせ、手足を身体の中心に向かってマッサージする。
自力で水分・塩分を取れない場合は、救急車を呼び一刻も早く病院に搬送する。

熱射病(日射病)

涼しい場所に移動させ、水をかけるなどして体温を早急に下げることが先決。救急車を呼び、一刻も早く病院に搬送する。

このように、それぞれの症状によって、措置の仕方に注意しながら対処しましょう。

スポンサードリンク

熱中症の対策

・帽子をかぶれるならかぶる
やはり直射日光は避けた方が疲れないし安全です。

・短髪ならば髪を濡らす
長髪だと難しいですが、短髪なら濡らして帽子かぶれば完璧です。
水は周りの熱を奪い蒸発していきますので(気化熱)頭が熱くなっても頭の熱を奪いながら髪が乾いていきます。
(髪に対してはいい事じゃないのでしょっちゅうは避けた方がいいです。気分が悪い時や暑すぎる時、もしくは応援時間が長い場合にやってみて下さい)

・塩分を含む飲み物を用意する(スポーツドリンクなど)
水も大事ですが汗は塩分を含んでるので出来たら水とスポーツドリンクの2種類用意がベストで、無理ならスポーツドリンクのみの方がいいです。
塩分のことを考えるとスポーツ飲料が手軽ですが、糖分が気になったりお金がかかるのが嫌ということなら、水と塩の固まりでも良いです。
塩の固まりは食べにくいでしょうから、梅干しでも良いですよ。
水分に対して0.1~0.2%の塩分が目安ですが、500mlに梅干し一個でだいたい0.1%ぐらいになるので、水分500ml~1Lに梅干し一個のセットで考えておくと良いでしょう。

人は普段でも1時間に200mlほどの水分を失っていますが、炎天下の中だとこれが1Lになることがあります。
「喉が渇いた」と思う頃には、だいぶ水分が抜けています。
この量を参考に水分を摂っていけば良いんですけど、がぶ飲みしても一気に吸収できるものでもないし、この量を一気にというのも大変なので、お腹がタプタプにならない程度に一口一口飲んでいきましょう。

ちなみに水分はジュースとかでも良いですけど、カフェインが含まれるものは避けてください。
カフェインには利尿作用があって、おしっことして水分を外に出そうとするので熱中症予防には向いていません。
紅茶、コーヒー、日本茶などは避けてください。
あ、麦茶はカフェインが含まれてないので大丈夫です(だから子供の遠足には麦茶を持たせるんですね)。

・日焼け止めを塗る
意外かもしれませんが紫外線は体力を奪います。
乳液タイプ(白くドロっとした液状で)だと塗ってる事がばれて恥ずかしいと思うので、コンビニで【ジェル】タイプを買うとイイと思います。
日焼け止めは石鹸(ボディーソープ)では落ちにくいですので、薬局で日焼け止め落としなどを買うといいかもしれませんね。

まとめ

スポンサードリンク

これからの時期はジメジメした湿度が高い時期にもなりますので、炎天下や暑い時期もですが、水分や塩分補給して対策等してくださいね。

スポンサードリンク