防災の日が9月1日です。

災害への備えを怠らないようにと、との戒めも込められています。

その言葉通り、防災グッズを備えましょう。

でも、何がいるのかわかりませんよね?

そんな、防災グッズ、こんなものを揃えておくといいですよ。

スポンサードリンク

防災グッズで必要な物は?

水は絶対必要です!!

飲み水ばかり気を取られますが、インスタント食品に使ったりしますし、衛生を保つための生活用水が絶対必要です。

最低一人当たり1日2リットル。飲み水も最低1リットル。

災害の時の為に、タンクに雨水を溜めておくといいですね。

雨水タンクは、市によって補助金が出ますし、草木への水やり等に活用することで節水にもなり、水道代の節約にも役立ちます。

断水したときの非常用の水としても利用できます。

すぐに給水車が来ることは、なかなか災害の時には難しいと思います。道が寸断されれば来ることはできませんから。

他には・・・・

  • 非常食(お湯を入れて30分でできるご飯や缶詰)
  • 塩・砂糖などの調味料
  • プラスチックの小さい食器と先割れスプーン
  • ひざ掛け
  • サランラップ(食器に巻いて水洗いしなくてもいいように利用できるらしいんで)
  • アルミみたいな素材の保温シート
  • 10円玉2本とテレカ(携帯が使えずに公衆電話が使えた場合のために)
  • 懐中電灯(出来れば頭につける懐中電灯)
  • 最低限の個人の下着、衣類、
  • 軍手、ろうそく、燃料、防寒具(雨除けにも使用)
  • 救急箱も普段使う薬・消毒液・バンドエイドなど

非常時に使えそうなものも揃えておくといいですね。

防災グッズで必要なのはトイレ

災害時は、トイレに困ります。

一回分の凝固剤の簡易トイレがあります。

ですが、1回分を小分けしている物では、実際に使用をしてみると1回毎の処分は意外と面倒になります。

また計算をしてみると経済的負担も多くなる事に気付くと思われます。

しかも、一回の排尿量は様々であり、1回分の凝固剤の吸収能力を下回る場合がほとんどです。

少量の排尿の場合にはその分、凝固剤が無駄になる訳です。

凝固剤をグラム単位で購入出来るところもあり、排尿の量に合わせて凝固剤を追加していき、排便の時には回収袋を新しいものに変えるという方法がお勧めです。

この使用方法では凝固剤を無駄にすることなく、排便後は回収袋を交換する事で衛生的に使い続ける事が可能です。

災害時は、公衆トイレなどしかなかったりしますが、そんな公衆トイレも水が流れないことが災害時はあります。

なので、出来るだけ、簡易トイレを用意しておいた方がいいでしょう。

防災グッズの中にに通帳など入れてますか?

預金通帳もネットバンキングのログインIDなどそれぞれ別々のところにおいてありますよね。

地震の時、資産状況を示すもの(預金通帳、ネットバンキングログインID、株、不動産、保険証券等)はどうすればよいのでしょう?

預・貯金通帳や印鑑が無くても窓口で本人確認が出来れば、(免許証や保険証等)一回に下ろせる金額に制限がありますが引き出しが可能になります。

ラジオやテレビ・新聞等で普通預金の引き出しや定期預金の期限前解約、有価証券の紛失、あるいは消失した場合の対応など、金融機関の対応はそのつど告知されますので無理に避難袋に入れる必要はないです。

株券も現物化していなければ問題ないですし、保険証書等も本人確認が出来れば再発行されます。

なので、本人確認が出来るものは、出来るだけ持っておきましょう。

まとめ

災害時、何をどうしていいかわからないと思います。

スポンサードリンク

災害が無いことを願いたいですが、そんな災害の為に少しでも知識を高め、防災グッズを用意しておきましょうね。

スポンサードリンク