夏真っ盛りの時期になると、人間も犬も、熱中症などの夏バテに見舞われるのでは?

犬にも熱中症などがあるとは・・・なんて思いますよね。

それがあるんですよ。

飼い主さんでしたら、心配になりますよね。

夏バテにならないよう犬も気を付けましょう。

スポンサードリンク

犬も夏バテになるの?症状は?

犬も毛皮を着て暑いでしょう~

犬もやはり、夏バテになるのですよ!!

夏バテの症状は、 犬の熱中症!!

「熱中症」夏場はよく聞く病名ですね。熱射病、日射病もほぼ同意です。

犬の症状では、呼吸が速いのに粘膜の色が白っぽくなり、嘔吐、痙攣、虚脱などです。

なぜ熱中症になるのか?

急激な体外温度の上昇や激しい運動などで体内の熱が上がり、体温を適切な範囲に調節できなくなるために様々な臓器が機能不全を起こします。

人間のように、段階的なのは犬にはないですが、段階に分けるとすれば、

1度  脱水状態にある時に水を多量に飲んだときに、四肢や腹筋に痙攣が起き出やすい。

運動を止めた直後に 失神、めまい、頻脈、脈が弱くなる、呼吸が速くなる事がある。

2度  嘔吐や意識障害、粘膜が白っぽくなる。。血液中の水分と電解質の不足から末梢の血管に血液供給不足し、血圧の低下となる。

3度  自己温度調節の範囲を越えるため中枢を含めた多臓器障害。

体内で血液がどろどろになって循環不全から多くの臓器が機能しなくなり最終的に死に至る事がある。

人間と同様に、こんな症状が犬にもあるのです。

普段から、犬がいつもと違うかなど、気を付けて見てあげましょう。

様子が少しでもおかしい時は、病院へ!!

3度までにならないように、様子見と言わないで、病院に行って検査しましょうね!

犬の夏バテ対策は?

外で飼っている方は、日陰がゼロということはないでしょうから、あとは地面がどうなっているかを、手で触って確認し、可能なら日陰の部分に蒸発しやすいレンガや庭石のようなものを敷いて、そこでくつろげるようにしてあげるとよいです。

あと、打ち水や入れっぱなしの水は蚊のもとになるボウフラを出してしまいますので、可能なら鉄管や金属製のパイプで周囲を囲って、直射日光に当たらない場所に置いてあげると、それだけでかなり涼しくはなると思います。

室内でも暑いと思ったら犬は玄関先の石で寝そべり、犬も、冷たいところを探します。

大型犬や、小型犬様々ですが、室内で飼われているなら、出来るだけ、涼しいところに犬を置いてあげてください。

出来ればクーラーを27から28度ぐらいをキープできると一番いいですね。

犬用の人工大理石のような石や、冷たく感じるジェルシートなどお店にも売っていたりしますので、試されるのもいいかと思います。

あとは霧吹きで時々霧を吹いてあげるのもいいかもしれません。

それとお散歩の時も気をつけてあげてください!!

体高の低いチワワなどは、アスファルトからの反射熱を受けやすいんです。

早朝でも夜でも必ず飼い主さんが地面を手でさわって、温度を確かめてから歩かせた方が良いと思いますよ!!

夏場のお散歩のときは、冷凍庫にいれておいた保冷剤の小さめのものをバンダナにはさんで、首に巻いてあげると、少しでも涼しいんではないかと思います。。

人間と違い体に汗腺が有りませんので(皮脂腺はあります)暑いときに舌を出してハァハァして、口のまわりから熱を発散させて体温を下げようとしています。

また汗をかかない分、塩分が体内に蓄積されやすく、人間と同じ食事をさせると塩分のとりすぎで腎臓の機能を悪くしたり、心臓病になってしまいますので注意です。

犬も夏バテでの食事は?

犬も夏バテになると食欲が減少します。と言うより全然食べなくなったりします。

犬は10日ぐらい水だけでも生きられるから心配しなくていいと良いますが、やはり食欲がないのは心配になります。

そこでヨーグルト(プレーン)をフードにまぶして与えると、あっという間に食べますよ!!

ヨーグルトをかけないと食べなくなる可能性もありますが( ̄д ̄)

ヨーグルトもティースプーン1杯ぐらいであれば問題ないので、フードに与えてもいいです。

フードのふりかけ(吉岡油糧のビーフ+ミルクや市販の粉チーズ)なんかもいいみたいですよ!!

あとは鶏レバーの水煮などもいいです。

食べるからと言って、与えすぎにはご注意を!

他には、少量のドックフードのおかゆもいいです。

量も少しずつ増やし、食べさせます。

おかゆにしてあるので、犬も少しは食べやすく食欲も出てくると思いますよ。

もちろん重篤な病気の可能性もありますから、まずは検査されてみて下さいね。

まとめ

犬も、大事な大事な家族です。

スポンサードリンク

飼い犬の日々の表情を観察し、何か様子がおかしいのであれば、手遅れにならないように自分で判断せず、病院の先生に見てもらいましょう。

スポンサードリンク