人間は、人生の3分の1は、寝ています。

その睡眠は、人それぞれですが、これから蒸し暑くなり寝苦しくなってきます。

ぐっすり寝れるのが一番ですが・・・・

ちなみに、23日は不眠の日とも言います( *´艸`)

スポンサードリンク

他人事ではない本当は怖い不眠

自分が不眠症か簡単チェックしてみましょう!!

1.寝付くのに30分以上かかりますか?

2.起きようと思う時間より、かなり早く目覚めてしまいますか?

3.夜中に何度も目が覚めますか?

自分が眠れていると思っていたあなた!!この3つのうち1つでも当てはまる方は、不眠症の可能性があります。

1の寝付くのに30分以上かかるに当てはまる人は『入眠障害』と言われています。

2.起きようと思う時間よりかなり早く目覚めてしまうに当てはまる人は『早朝覚醒』と言われています。

3の夜中に何度も目がさめるに当てはまる人は『中途覚醒』と言われています。

そもそも、不眠ってなんなの?

寝たいのに寝られない・・・・寝たのに疲れが取れない・・・・

この状態のことを『不眠』と言います。

日本人の5人に1人が不眠症と言われています。

この不眠症をほっておくと、様々な病のリスクが高まってきます。

脳卒中や心臓病と言った、命に影響する病気になる確率も大きくなります。

怖い不眠症の原因は?

不眠症の原因は5つあります。

鬱や総合失調などの精神医学的なもの

鬱症状のだいたい80%は、不眠症を抱えている方が多いです。逆に不眠症の方は、鬱になりやすいと言われてます。

昼夜逆転の不規則な生活からくる生理的なもの

ケガや花粉症、湿疹など体の不調からくるもの身体的なもの

対人関係やストレスからくる心理的なもの

この3つの方は、医療機関で相談して、不眠でのお薬が必要かどうか、相談した方がいいでしょう。

口から入れる、アルコールやカフェイン、くすりなどの薬理学的なもの

これは目を覚まさせるので不眠になりやすいですね。

先ほどの不眠症の分類に分けると、身体的、心理的なものは、入眠障害であり、精神医学的なものは、早朝覚醒であり、生理的、薬理学的なものは中途覚醒です。

怖い不眠症を改善するには?

38~40℃ぐらいのお風呂に約20分ぐらいつかります。

スポンサードリンク

なぜこのぐらいの温度なのかというと、熱過ぎますと、逆に体が疲れてしまい、運動した状態と同じとなってしまい、寝付きが悪くなってしまいます。

なのでぬるめのお風呂に浸かってください。

体がリラックスするのであれば、シャワーのみでも大丈夫です。

他にも、激しい運動をし過ぎると、これも体が興奮して寝付きが悪くなります。なので10分程度のストレッチで軽く動かすのがいいです。

体も心もリラックスさせましょう。

逆に、パソコンやスマホはダメです!!パソコンやスマホの液晶から出るブルーライトが脳を覚醒させる作用があり、なかなか寝に入り込めなくなります。

寝る直前に食べたり飲んだりタバコを吸ったり、これもダメです!!

特にタバコは、タバコを吸っている人はタバコを吸って無い方に比べると、4倍~5倍不眠になりやすのです。

タバコに含まれている『ニコチン』は、脳を覚醒させる作用があり、眠りに入り込めなくなります。

怖い不眠症他の原因

『いびき』です!!

いびきをかくと、酸素が少ない状態が続くため熟睡が出来ません。

いびきには、単発性のものと習慣性の物があります。

たまにお酒を飲んだりした夜にかいたりする事が単発性ですが、危険なのは、習慣性のいびきです。

いびきを毎日かく人は、『睡眠時無呼吸症候群』の可能性があります。

この無呼吸症候群は、睡眠の途中で呼吸が止まり、いびきをまたすると再開する状態が何度も繰り返される症状です。

これは列記とした病気です。

この状態が続くと、心疾患や脳卒中、突然死の恐れがあるんです!!

これこそ、専門機関に行って検査してください!!

いびきには薬がありませんので、改善するしかありません。

もちろん太っている方はいびきをかきやすいので、出来るだけダイエットをし痩せましょう。

いびきは、のどの周りの筋肉を鍛えることによって軌道のキョウサクをお越しにくくします。

アントニオ猪木のように、下あごを突き出し、あいうえお と言います。

あごを突き出すことによって、首の周りの筋肉を動かし鍛えれます。

口周りの筋肉を付けることで、いびきも改善できるでしょう。

まとめ

リラックスして寝れるのが一番ですが、色々な原因があると思います。

精神的に悩みがある時など、ホント寝れませんもんね。

でも、いろんな悩みを解決し、快適な睡眠が取れると、体も快調になりますよ!!

スポンサードリンク

いろいろ試して安眠を・・・Zzzz