夏本番!!
熱中症!
私は大丈夫!!って思っちゃっている人いませんか?

他人事って思ってる方!!
熱中症の落とし穴に・・・・
スポンサードリンク

熱中症ってそもそもどんな症状なの?

熱中症は、体温調節ができず体内に熱がこもり、体に様々な障害が起きてしまう症状です。

気温が体温近くになるような暑い日は、熱が外に出にくいので特に注意が必要です。

症状は3段階に分かれます。

Ⅰ度:軽症

めまい・顔面蒼白

現場処置ですので、最悪自宅でも処置できる範囲です。

Ⅱ度:中等症

頭痛・吐き気

要搬送

Ⅲ度:重症

意識障害・けいれん

要入院

熱中症を引き起こす3つの要因

環境

気温・湿度
日光・風の有無

主体

健康状態
体調・疲労

運動

運動の強度
水分補給の有無

この3つの要因から熱中症の事例として・・・

室内での家事をしている最中に足がつり、ふらついて動けなくなった。

病院にいったら、軽度の熱中症と診断された。

キッチンでお料理をしていたら汗をかいてきたので、ダイエット効果を狙って水分を補給せず料理をしていた。

自分的には、良い汗をかいてるつもりだったようです。

この3つの要因から見ると、環境と運動に当たりますね。

他の事例では・・・

室内で事務仕事中に、頭痛・吐き気・倦怠感が感じられるようになった為、病院に行ったところ、熱中症・脱水症と診断された。

クーラーもかかっているお部屋なのになぜ?

こちらも3つの要因から見ると、主体になりますね。

体調不良がそもそもわるいと、本来なら耐えられる環境でも、熱中症・脱水症になることがあるのです。

スポンサードリンク

熱中症対策で水分補給は何がいい?

水分補給と言っても、水や麦茶、ジュースやスポーツドリンク、いろいろありますが、水分補給がかえって逆効果になることもあるのです。

水分をまめにとっていても『自発的脱水』になることがあります。

汗をかいて、体の中の水分量が減ります。

ここで普通の水だけを飲む。ここがポイント!

このただの水を飲むことによって、体の水分濃度が薄くなります。

そうすると、体は濃度を戻そうとするので、汗が出ます。

結局、また汗をかいてまた体の中の水分量が減るといった繰り返しになります。

こうならないためには・・・

経口補水液で水分をとることです。

この経口補水液、自宅でも作れるんですよ!

材料

  • 水 2ℓ
    砂糖 大さじ9
    塩 小さじ1
    おこのみで、果汁を入れると飲みやすくなります。

こうゆう補水液で補給すれば、自発的脱水もなりにくいです。

まとめ

熱中症対策に大切なのは、水分の補給と温度管理です。

クーラーは暑いと感じる前につけましょう。
温度は、自分の体調、体温に合わせた温度で!

熱中症予防には気温と注意すべき行動の目安があります。

25℃未満 ⇒ 注意
激しい運動や重労働時は注意する必要がある。

25~28℃ ⇒ 警戒
運動などする際は、定期的に十分な休息をしましょう。

28~31度 ⇒ 厳重警戒
外出時は直射日光を避け、室内では室温の上昇に注意しましょう。

31℃以上 ⇒ 危険
外出は避け涼しい室内に移動し、高齢者は安静状態でも注意しましょう。

スポンサードリンク

これを目安に、熱中症にならないよう予防や対策をしましょう。