夏は、手足口病が流行るんですよね。

うちの子供も~って人も、多いんでわないでしょうか?

ところで手足口病ってどんなもの?

子供の症状は?

大人も移るの?

など疑問を抱えている人、参考になればと思います。

スポンサードリンク

手足口病ってどんな病気

主に夏場に流行するウイルスによる感染の一つで、感染は飛沫感染(くしゃみや咳など)や、接触感染(直接患部を触る)です。

かかってしまうと、手のまわりに発疹が出来、さらに足にも発疹が出来る。手足口病という名前からも分かるように、口のまわりや口の中にも発疹が出来ます。

口の中に出来るのが一番厄介で、物も食べられなくて痛々しく思います。

症状は、風邪に似た症状なので、最初はぶつぶつが出来るまでは、良くわからないので、ぶつぶつが出だして1週間程度、治るまでかかります。

場合によっては重篤化します。

手足口病って大人もかかるの?

子供だけと安心していてはいけません。

この手足口病はだいたい90%前後が5歳位かの子供がかかる子供の病気ですが、ごくまれに大人もかかります。確率は10%以下です。

特に気を付けるべきは、保育園や幼稚園からもらってくることが多いです。

なぜかと言うと、この手足口病は感染力が強いですし、お子さんたちの免疫力がまだ弱いのもあり、さらには保育園、幼稚園等での手洗いを先生方が気を付けてやってくれていてっも、園庭などでの遊びなどでも菌を貰ってくることがあるのも1つの原因でもあります。

スポンサードリンク

鼻水などもそのまま手で拭いてまた遊ぶなども、子供は気にせずしてしまいますからね。

先ほども言った通り、大人も10%ほどの確率はあるのです。

そもそも確率が低いのは、大人は抵抗力があるので、なかなかかかりません。

ただ、弱っているときや疲れているときは、要注意です!!

油断してはいけないのが、大人が手足口病にかかると、酷くなるケースもあります。

子供が保育園などから移ってきて、親に感染する確率も高いですが、このように大人が感染してしまうと・・・

症状は、38℃以上の高熱が出て、ツバも飲みこめない程ののどの痛みがあります。

発疹発疹がのどにまで出ることもあります。

栄養を取って治したいのに、まず飲みこめないっていうこの辛さ。

こうなっては、たまりません。

手足口病にならないようにするための予防は?

大切なのは、持ち込まないことです!!

なぜかと言うと、手足口病には有効なワクチンがないからです。

なので、いかにしてならないかの予防が大切となります!

取りあえず、タオルの共有はやめましょう!!

特に、オムツの扱いには注意です!!

便などにもウイルスが潜伏していることが非常に多いので、オムツ替えなどは、手袋してマスク!!で予防です。

スポンサードリンク

このように、予防するには、インフルエンザでもおなじみの、手洗い、アルコール消毒、マスクは欠かせないですね。