喪中はがきは、1年間以内に近親者に不幸があった場合、故人に対する生前の厚誼への感謝を示すことと、喪に服していますので慶びの年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせていただきます(年賀欠礼)、ということを、前もって年賀状をいただきそうな相手にその旨を知らせる為に出す挨拶状です。

喪中はがきはいつ出すの?

喪中年賀欠礼の葉書は「当方喪中につき新年の挨拶を失礼させていただきます。」という意味ですから、事始めの日以降に出されても差し支えありません。

ところが近年、喪中の方に年賀状を差し上げてはいけないと考えるようになりました。

あちら様が喪に服しておられるのに、こちらが新年を迎えて慶んでいると捉えられる年賀状を差し上げるのは失礼だと考えてもおかしくないことです。

年賀は、相手の家に出向いて、新年を寿ぐ挨拶を述べるものですから、喪中の家に出向いて新年を寿ぐ挨拶をする方はいらっしゃいません。

ですので、相手が年賀状を投函するまでに、相手に年賀欠礼の葉書が届くように配慮します。

つまり、年賀郵便の受付が始まる前に届くようにされれば良いですね。

古い人間から言わせると、11月中に年賀欠礼の葉書が届きますと「この物知らずめ!」と思割れてしまいますので気を付けた方がいいですよ。

喪中はがきの出す人の範囲は?

宗派などにもよりますが、喪中は親が亡くなった場合、12か月

祖父母が亡くなった場合、3か月です。

宗教的には期間が過ぎている場合であれば、 あとは当人の気持ちの問題なので年賀の挨拶は控えたいと思うなら喪中はがきでも構いません。

父方の祖母の場合は基本的に出しませんが、もしご本人が喪中はがきがいいというのなら、年賀の挨拶は控えても構わないという程度です。

また、母方の祖母と父方の祖母に、地域的に近い場所に住んでおり、共通の知人が多かったりした場合は喪中はがきで統一されたほうがいいと思います。

受け取られた方が、

「こっちは出してもいいのに
こっちは出さないようにしないと…」

と迷わせてしまうのも悪いので。

ご主人様(奥様)が亡くなった場合は、生前年賀状をやりとりしていた方にこそ、奥様(ご主人様)の名前で喪中はがきを出すべきものだと思っています。

ご親戚や友人などでも、ご主人様の亡くなられたことを知らず、年賀状を今年も用意するだろうと思われる人にだけ、出すべきものだと思っています。

お知り合いでも、先に相手から喪中はがきが来た場合は、こちらからは出さないでおくのも、優しさだと思います。

誰だって、喪中はがきは、心が沈むものですし、できれば少しでもいただく枚数は少ないほうがいいのではないでしょうか。

慰めのお返事を下さる方もいますが、数十枚の喪中はがきの宛名を書くだけでも、思い出に押しつぶされそうになりながらの作業なのですから、やっと投函して、心を休めたい時に、次々と、またお悔やみのような文面のお手紙が届き続けることは、実際かなりのストレスです。

喪中なのですから、基本は、できる限り静かにひっそりと心を癒すことだけに務めて、しめやかに年の瀬を迎えたいものだと思っています。

以前、年賀状のやり取りをしていない方から、お香典を差し上げた名簿のみを参考にしたのか、届いた喪中はがきがありましたが、何だか、あまりモノの処理のような感じがしたことがありました。

あくまでも、普段年賀状をやり取りしている人限定で、しかもご主人のご逝去をご存じない方だけに、絞ったほうがいいと思います。

基本的には、喪中はがき(年賀欠礼状)は、年賀状を交換している人、全員に出します。

交換していない相手なら、出す必要はありません。

スポンサードリンク

喪中にしてはいけないことは?

喪中の時は、何をやるにも喪に服さないとっと思っている方も多いんではないでしょうか?

厄除けは行っていいのか?

神社でのお参りは辞めた方がいいのか?

七五三の祈祷をしていいのか?などなど

まず、「忌」と「喪」は別物です。

「忌」は仏教や神道で用いられ、実父母の場合は服忌期間は仏教では49日、神道では50日とされています。

対して「喪」は儒教によるもので、実父母の服喪期間は13月です。

喪中は1年間と言われていますが、これは実の親が亡くなった場合で、既に廃止されている皇室服喪令によると、祖父母の場合は150日(5か月)です。

お寺で厄除けをしてもらう場合、喪中や忌中の間はお寺参りしてはいけないということにはなっていませんので、気にすることはありません。

神社で厄除けをしてもらう場合、神道ですと、服忌期間は神社にお参りしてはいけないことになっていますから、この間は厄除け祈祷を受けられないことになります。

50日を過ぎていれば、神社に参詣しても良いということになります。

七五三も、やってはいけない、というものでもないと思います。

個人的には結婚式みたいに「大勢で皆でめでたいって祝う」部類のものではなく3歳の七五三は「髪置の祝い」にあたり、神様によくぞ3歳まで生きていてくれたという報告と、子供が病気にならないためそこから髪をのばしてもいいですよ。

っていう一つの区切り目の行事ですから、結婚式とは意味合いの違うものだと思います。

もし、結婚式をやる側での喪中の場合は、喪中期間中は神社の参拝やお祝い事は差し控えるようにと言われていますが、四十九日忌も終わりお相手のご両親様が了解されておられるのでしたら全く問題は御座いません。

ましてお亡くなりになった親族も、お幸せを心から願っておられる事でしょうから、災いなど起こるわけは無いと存じます。

出席する側は、忌明け、親族の不幸から49日経過後であれば結婚式や披露宴に出席しても良いと思います。

欠席する場合は、「やむをえない事情のため欠席します」などと、そのことを告げず、結婚式後に、本当の理由を教えてあげるのが礼儀です。

お祝い事を挙げる新郎・新婦には気を使わせないことが礼儀です。

まとめ

このように、喪中はがきの出す期間や、範囲は、相手への配慮として、年賀はがきを出される前になるべく早く出しましょう。

ただ、年賀はがきを書く時期(11~12月)の間に喪中になってしまった場合は、相手は年賀はがきを書いてしまっているかもしれませんが、即座に出した方がいいと思います。

スポンサードリンク

お祝いごとや、お参りなども、なるべく49日を過ぎてから行うのが一番いいかもしれませんが、せっかくのお祝い事なので、相談してみての参加でいいと思います。

スポンサードリンク