ハロウィンパーパーティーって・・・・

「仮装って・・・子供だけでいいんだよね?」

「・・・・・何着せればいいのぉ?」

「パーティーっていうけど・・・何かお料理とかお菓子持って行った方がいいのかなぁ?」

「子供達にもお菓子用意してあげるのかなぁ?」

などなど、お呼ばれしてもなにしていいのやら・・・

ですよね~

何かのお役に立てればと思います。

スポンサードリンク

ハロウィンパーティーの簡単な仮装は?

仮装ですが、誰でも出来そうだな~って感じなものは、『てんとう虫』『蝶々』

子供には黒い服(黒のトレーナーに黒いズボンとか)を着せます。

あとは色画用紙を買ってきて、『てんとう虫』ならの赤い大きな○に、黒で水玉模様を書き(または黒い紙ではり)、それに紐を通してリュックのように背負わせればOKです。
てんとう虫
「蝶々」なら黄色(ピンクや水色もかわいいかも)の紙で羽を作り、てんとう虫と同様に紐を付け背負わせれば出来上がりです。

頭に付ける”触角”の部分だけ売っていたりするので、それだけ買ってあとは手づくり!
蝶々
大人でも市販の物ではなく自分でかなり凝っていかにも何か仮装コンテストにいうのかと思えるくらいのものもあります。

逆に、黒とオレンジの色の何かをつけているだけで良いことで仮装していったらハ処置外ということにもなってしまう事だってあります。

よって、これが普通だから、と言ってそれにならって行くとその習慣を知らなかった、と理解してくれますが、いつか「そんな事も知らないのか」と言われ恥ずかしい気分になってしまうことになってしまうことにもなります。

結局楽しいはずのパーティーがとんでもない心理的ハンディーになってしまったり「悪い経験」として頭に残ってしまうかもしまいますね。

仮装していくという事であれば古くなった浴衣にマジックなどでジャックオランターンを数個書いていっても良いかもしれません。

ハロウィンパーティーの簡単な料理は?

ハロウィンと言えば、かぼちゃですよね。

坊ちゃんかぼちゃのグラタンなんか、簡単で良いですよ。
坊ちゃんかぼちゃのグラタン
【材料】2人分

坊ちゃんかぼちゃ・・・1個(400g)
玉ねぎ(みじん切り)・・・1/2個(80g)
ベーコン(みじん切り)・・・35g
小麦粉・・・大さじ1
無調整豆乳・・・80ml
とろけるスライスチーズ・・・2枚
オリーブ油・・・適量
塩・こしょう・・・各適量
パルメザンチーズ・・・少々
パセリ・・・少々

【作り方】

(1)かぼちゃはラップをしレンジ600wで5分加熱。

フタになる部分を切り、種とワタを取り除く。

(2)フライパンにオリーブ油をひき中火に熱す。

玉ねぎ・ベーコンを炒め塩こしょうで調味する。

(3)小麦粉を加え混ぜ豆乳を少しずつ加えて混ぜる。

スライスチーズを加え全体を混ぜ合わせる。

(4)(1)の中に(3)を詰め、上からパルメザンチーズを振る。
トースターで10~15分こんがりと焼く。

スポンサードリンク

パンプキンおにぎりなんかも簡単ですよ~
かぼちゃのおにぎり
【材料】2~3人分

ご飯・・・お茶椀2杯
玉ねぎ・・・半分
ベーコン・・・お好みの量で
ビーマン・・・半分
のり・・・目や口に使う分
バター
塩コショウ
ケチャップ
ダシタ(韓国の牛のダシ)

【作り方】

(1)玉ねぎとベーコンをみじん切りにします。

(2)みじん切りにした(1)をバターで炒め塩コショウ、ケチャップを入れ酸味を飛ばします。

(3)そこにご飯を入れ混ぜ合わせます。

(4)ダシダを適量入れ炒めたら少し冷まします。

(5)ケチャップライスをボール状にして、のりで顔を作り、ピーマンを小さい▽にカットし、頭に差したら出来上がり。

ハロウィンパーティーに持って行く簡単に作れるお菓子は?

ハロウィンという事でカボチャを使ったこんなのはいかがですか?

かぼちゃの茶巾

かぼちゃの茶巾
【材料】2人分
カボチャ…1/8個
バター…20g
砂糖…大1
ハチミツ…大1
塩コショウ…少々
生クリーム…適量
ドライパセリ…小1/2
プチトマト…2~4個

【作り方】

(1)カボチャは種とワタをスプーン等で取り、皮を削ぎ落とし、薄切りにして水に放つ。

(2)耐熱容器に水きりしたカボチャ、バター、砂糖、ハチミツを入れ、ふんわりラップをして電子レンジで4分加熱する。

水分が多いようなら少し捨てる。マッシャーや木べら等でつぶすように混ぜ合わせ、塩コショウで味を整える。

(3)パサパサするようなら生クリームを少量加えて混ぜ合わせる。

半量にドライパセリを混ぜ合わせる。

一口大の茶きんに形を整えて器に盛り、水洗いしたプチトマトを添える。

<ちょっとヒント> 茶きんはラップで包むと簡単ですよ。

あと、ハロウィンと言ったらやはり有名なのは「パンプキンパイ」ですよね(^^)

ただ、私はパイではなく「スウィートパンプキン」にしちゃいます。

スウィートポテトのカボチャ版です。
スイートかぼちゃ
(1)カボチャは小さく切って皮をむいて、電子レンジでチンするか、蒸し器で蒸す。

竹串が通ったらOK

(2)カボチャを裏ごしし、牛乳(ちょっとでいい)、バター、砂糖、シナモンをお好みの量入れる

(3)アルミカップなどに2を入れて、溶き卵を表面に塗り、オーブンで焦げ目がつくくらい焼く

(アルミカップがなかったら、アルミ箔もしくはクッキングシートを天板にしき、その上に適当な大きさに丸めた2をおいて焼く)

特に分量は決まってないです。私はいつも適当に作ってます。

なぜハロウィンにカボチャのお菓子が多いかというと、ジャックランタン(カボチャをくりぬいてランプをつくってるやつです)の中身をつかっているからだそうです。

また、秋の味覚ということで、パンプキンパイのなかに、リンゴを一緒にいれる場合もあるみたいです。

まとめ

いろんな料理がありますが、楽しく美味しく~で持ち寄りでのお料理やスイーツが色々楽しめていいのでわないでしょうか。

スポンサードリンク

仮装も、ガッツリするのは、子供だけで、大人はお酒を飲みながら楽しくおしゃべりして、よいハロウィンパーティーになればいいですね~。