年末が近くなり、年明けの準備をし始める時期。

門松って飾らないといけないの?

門松を飾る意味は?

飾る日や片づける日などどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

門松を飾る意味は?

「門松」は、ご存知の様に、お正月を迎えるにあたって門や玄関にかざる松ですよね。

正月にはこの松を目印に、「年神(としがみ)」が降りてくるといわれています。

門松はもともと、正月を迎えるに際して神霊や祖霊を地上に招くための一種の目印です。

このような聖物を「依代(よりしろ)」といい、神霊が宿るとされます。

常磐木(ときわぎ)といい、寒中でも生命力あふれる常緑樹は神聖視されます。

そのような常磐木を立てて地上に神霊を招き寄せます。特に松は長寿を表します。

若松を立てていたのが、時代が下がるにつれて竹と梅も加えるようになったのでしょう。

松竹梅は中国で「歳寒三友」といい、寒さに耐えてることから、清廉・節操を意味するとして文に好まれる花です。

門松の飾り初めはいつ?

本来は、家の近くの山に、門松用の松を採りに行き作っる、その行事を「松迎え」といい、縁起の良い『事始め』の12/13日に行いました。

そんな事から、12月13日から28日の間か、30日にかざります。

そこで、なんで29日と31日は飾らないの?って思いますよね~

29日は「二重苦」や「苦」に通じると言い、31日は「一夜飾り」といって不吉を嫌いその日には飾らないことになっています。

でも、現代ではクリスマスに、正月飾りがあるなんて????

って事で、現代の正月事始めはクリスマス過ぎの26日からのようです。

その中でも、28日に飾る方が多いようです。

何て言っても、28日の8は、漢字で『八』ですよね。

この上から下にかけて広がる形を『末広がり』と言って『先が広っている=未来が開けている』という意味合いを持っているため、縁起が良いとされています。

ちなみに数字の8も、書きはじめ、書き終わりが繋がっていて切れていない「∞(無限)」というのもそうですしね。

門松の飾りの向きはどうする?

門松は元々、門の前に置かれるものでしたが、現在では住宅事情の変化から松の枝に水引をちょう結びしたものや、紙にプリントしたものを、門扉や玄関のドアに付ける感じになってきています。

門松カード
紙門松(門松カード)は市町村から町内会が有償で配布されるものです。

ですので、町内会に加入し町内会費を納めた家にのみ町内会から回覧板等で配布されているのが一般的でしょう。

紙門松は平行に貼ってくださいね。

門松の代わりですから、本当の門松を、段違いに設える人はいないですよね。

門松は、その年の神さまをお招きするための目印であり、また、神さまがお降りになったときに宿られる場所を表すものです。

向こうからおいでになる神様に、願い事(右肩上がりを願う?)をするなどもってのほかですね。

願い事は、こちらから初詣でするものです。

門松は、人を迎い入れるほうに向けて置くのが正式な置き方です。
門松
マンションなどで表に出せないような所だと、玄関の入った所に置くのが良いです。

門松の飾りいつ片づけて処分する?

門松などのお飾りは松の内と呼ばれる6日まで飾り、7日の早朝に片付けます。

これを「松があける」と言います。

もし朝が遅くなるようなら6日の寝る前に片付けても良いでしょう。

なぜ7日かと言うと、7日は人日の節句。

つまり、ひな祭りや端午の節句と同じ季節の切り替え日(五節句)の一つだからです。

但し、松の内は小正月の始まる15日までだったり、鏡開きも4日や20日など地域によって違うので、地元の古老や寺社等で確認して下さい。

神社や寺などで、門松や御札や神棚飾りなどを燃やし行事が「どんど焼き」があります。
どんど焼き
そこで、御焚き上げしてもらってください。

それらが無理で、可燃ごみで捨てる場合は、一礼し、塩を振って清めてから処分します。

門松には正月の神様が宿った神聖のものですので、単なるゴミとして考えないほうがよろしいでしょう。

地域によって違いがあるようですが、正月の15日の行事です。(今は適当なようですが)

現代は後の処分に困りますので門松を立てる前に処分方法を考えることが肝心です。

まとめ

新しい年を迎えるものとしての1つですが、やりっぱなしがないように、飾ったなら最後までやってくださいね。

スポンサードリンク

門松も、今では小さいものもあるので、色々探してみてください。

スポンサードリンク