他人事と思わないで!!
大雨・洪水・河川の氾濫

もしそうなったらどうする???

大雨のニュースで、よくこんなフレーズ聞きませんか?

「特別警報が発表されました。最大限の警戒をしてください」

この“特別警報”ってどうゆうこと?

「かつて経験したことなのない大雨」

かつて経験したことのないって、どのぐらいの規模のことを言ってるの?

「直ちに命を守る行動をとって下さい」

そんなこと言われても・・・どうすれば???

スポンサードリンク

大雨洪水等で発令される「特別警報」ってどんなもの?

この『特別警報』が導入されたのは、2013年8月30日からなんです。

危険度の順番は・・・

1.気象情報・・・前日や前々日に出されるもの

これぐらい雨が降りますよ~みたいな、観測の成果に基づく“予想”の発表

2.注意報・・・普段の天気予報などでも使われるもの

災害の起こる恐れを“注意”する予報

3.警報・・・こちらも天気予報などでも使われるもの

重大な被害のおそれを“警告”する予報

4.特別警報・・・3以上に危険なもの

数十年に一度の大災害の恐れが著しく大きい旨を警告して行う“警報”

伊勢湾台風東日本大震災ぐらい規模の大きい災害の恐れがある警報のことです!!

大雨洪水で、命を守る行動って避難はいつしたらいいの?

外がどうなってるか、川や畑がどうなってるか心配で見に行こうと思うこと!!

それはダメです!!

荒れた河川や田んぼや畑などを見に行くこと自体が、命を守る行動に反しています!!

大雨で河川が氾濫したりすると、想像以上のスピートで水が来ます。

外に心配で見に行っていたりすると、自分の命が危ぶまれます。

 

避難情報も、「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」など言われますが、一番危機が迫っているのはどれなんでしょう?

スポンサードリンク

1.避難準備情報

避難勧告に先立ち、早めに避難行動を取る準備をしましょう。

お年寄りや、子供は、この段階で避難しておきましょう。

2.避難勧告

災害による被害発生の可能性がある為、避難する事を進めます。

3.避難指示

生命の危機がより高いので、早急に避難をする必要があります。

高齢者の方や、介護が必要な方や、小さい子供や妊婦さんなどは、状況が違うので、早くの避難準備情報ぐらいで対応しておくことが先決です!!

行政に頼り切っていないで、その時の状況で、自分の命を守らなければなりません。

大雨洪水災害に備えるものは?

でも、いくら避難指示が出たからと言っても、下手に外に出ると逆に危ないかもしれません。

危ないと判断したら、無理をしないで、高いところに避難してください。

家であれば、2階に避難しましょう

そこで、非常持ち出し袋はどこに置いてあります?

だいたい、1階の押し入れや、玄関近くの収納庫なんかではないですか?

洪水がきて、1階が浸水したら、その持ち出し袋も意味をなさないものになってしまいます。

いろんな災害を考えて、何か所かに、置いておくといいですよね!!

備えとしては、前もってテレビやネット、ラジオなどで、気象情報を確認し、ハザードマップで自宅や学校、職場などを確認しておくといいですね。

停電した時に情報として使えるのが、ラジオです!!

乾電池や手動で発電できるラジオを用意しておきましょう。

まとめ

大雨洪水災害は、ほんとに怖いです。

スポンサードリンク

早めの行動が、命を守るカギでもあるので、家族で、自分たちも災害にあったらのことを考えて、いろんな話し合いをしておいた方がいいのではないでしょうか?