もうすぐお彼岸ですね。

お墓参りにも皆さん行かれるんではないですか?

お墓を手入れしたりするのも大変ですが、ご先祖様のご供養に必要なことです。

先祖代々、お墓を次世代の方々が守って来ている現代ですが、今現代では、「墓じまい」と言うのが多く見られます。

この「墓じまい」とは何なのか?

現代の供養の仕方は?

スポンサードリンク

お墓を継ぐ人が居ない時はどうしたらいい?

「墓を継ぐ人がいない」「残された身内に迷惑をかけたくない」という時、お墓はどうしたらいいのでしょう。

そんな理由も多いのですが、少子化や、未婚離婚の増加で、従来の供養が出来なくなっているのが現状です。

先祖代々の方々それぞれのお墓を持ち、そのたくさんのお墓をお世話していくのが大変と言う事で、お墓を1つにまとめたい。

お花のことから、お供え・線香など、全てをやらなければならない。

それが出来ない時代になってきています。

そんな時代に、自分のお墓はどうしようか?っと思いますよね。

先のことを考えて、墓じまいする方も多く見られます。

墓じまいの費用は・・・

墓から魂を抜く供養と、お墓の撤去費で約20万円かかります。

墓地の広さや、墓石の大きさにより変動しますが、一般的には20万ぐらいから50万ぐらいとなります。

先祖に申し訳ないという罪悪感や、親戚に文句を言われるなどの親戚関係などがあり、墓じまいに抵抗を感じる方も少なくありませんが、無縁仏にするんであれば、責任を持って、自分で整理した方が良いんではないでしょうか?

お墓の供養の方法は?

お墓には『永代使用墓』『永代供養墓』があります。

『永代使用墓』と言うのは、後継者がお墓を守っていきます。

ある世代で、子どもができなかったり、娘しかおらず、嫁いでしまうと後継者が絶えてしまいます。

スポンサードリンク

墓地は所有権を買うのではなく、借地権を買うようなものです。

ですから、後継者が絶えたときには更地にして墓地管理者(寺の住職)に返還しなければなりません。

それを墓じまいと言います。

『永代供養墓』というのは、後継者に代わって墓地管理者が供養をするお墓のことです。

『永代供養墓』には使用期限が決っており、その期間を過ぎると合祀墓に供養の場を移します。

その供養方法を『永代供養』と言います。

寺や霊園が納骨堂などで長期にわたって供養・管理をしてくれます。

今では、マンションの納骨堂があるんですよ!!

青いLEDに全面を覆われた納骨堂があります。

出入りもICカードで管理されており、納骨されているところが、光り場所がわかります。

中には桐箱があり、その中に遺骨を納めます。

カードを持たない親戚でも、納骨堂の外からお参りが出来ます。

お参りにも来やすく、お供え物の費用などもかからないため、経済的にも楽になります。

暗いイメージのお墓ですが、このマンションの納骨堂は、お参りに来る時に明るい気持ちでお参りが出来る感じですね。

一番大事なのは、手を合わせてお参りをする事です。

形にこだわらず、お参りする気持ち心が大事なんではないでしょうか。

他にも、仏壇での永代供養や、金箔に覆われた納骨堂もあります。

『樹木葬』と言って、墓石の代わりに、樹木を墓標にして石造の下に遺骨を埋葬することも出来るお墓もあります。

「大地に帰る」と言う事で、骨壺に骨を入れて埋めるのではなく、そのまま土の中に埋めると言う事です。

石板には、そこに眠る人の好きな言葉や、写真や絵など思い出になる事を彫ることが出来ます。

毎日の読経と合わせ、50回忌まで命日供養をしてくれるそうです。

まとめ

ひとくちに永代供養と言っても、そのやり方は色々あるんです。

スポンサードリンク

こうでなければいけないという供養に仕方はないので、生前でも自分のこともありますので考えましょうね。