保育園、幼稚園、入園したらすぐある夏のイベント!

園の夏祭りですよね。

役員のママさんたちはいろんなゲームや出店で悩んでいるかと思います。

「やっぱり定番の・・・・」「去年といっしょだね~」みたいになってしまいがちですよね。

文化祭の模擬店 参考にどうぞ

そこで、うちの息子の保育園でもやった事とか、他の保育園、幼稚園でやったこととかを載せてます。

参考になったらいいです♪

折り紙の七夕飾りはこちら

スポンサードリンク
     

保育園や幼稚園の夏祭りは何を出店したらいい?

うちの息子が言っていた保育園での出店は、冷やしみたらし団子、パン、唐揚、ジュース、ポッキンアイス等でした。
冷やしみたらし、パン、唐揚は、前もって、注文書が来て購入しておいて、当日は、券と引き換えに、物と交換でした。
そうすれば、母の会側での仕入れもすんなりいくようです。

その場で現金で購入は、光るペンダントや指輪(夕方から盆踊りをして最後に花火をやるので、暗くなって光るものがあると子供うけする)、ジュース、ポッキンアイスは、現金での購入でした。

他の園では、焼きそば、おにぎり、からあげ、かき氷、キュウリの浅漬け(1本まるまる割り箸に刺さっている)、ポップコーン、コロッケ
トルティーヤみたいに、ミニフランクフルトに餃子の皮を巻き付けて焼くだけってゆうのもありましたね。

機会を借りて綿菓子とかもありました。

でも、園によっては、食品がダメなところもありますので、園と相談の上で食品衛生面等も考え出店頑張ってください。

保育園や幼稚園の夏祭りのゲームは何が良い?

息子が保育園の頃は、ゲームはスタンプラリーになっていて、受付でうちわをもらい、そのうちわにそれぞれのゲームが出来るようになっていて、出来たらスタンプを押してもらうとゆうふうに、同じところに何回も行かせないように、なっていました。
その分は、お金はかからず、園の予算でやっていました。
そのゲームはスーパーボールすくいやヨーヨー釣り、千本引き、お菓子のつかみ取り、輪投げ、ボーリングなどです。
輪投げやボーリングは、景品付きでした。

スポンサードリンク

他の園は、巨大しゃぼん玉コーナー、宝探し(泥水の中に奇麗な石が隠してある)、射的(割り箸鉄砲)、段ボール迷路、魚釣りゲーム、重さ当てゲーム、リンゴ当てゲーム、的落としゲームなど。

保育園や幼稚園の夏祭りのゲームの作り方やり方

魚つりゲーム・・・魚の絵を描いて磁石をくっつけておく、割り箸でさおをつくって糸にクリップをつけておく。
ボーリング・・・ペットボトルでピンを作る。
的落としゲーム・・・トイレットペーパーの先に景品をつけてつるしておく、水鉄砲でペーパーの部分を撃って落とす。
玉入れ・・・大きな段ボールに大小穴をあけて立てておく。そこにボールを投げ込む。 大きな穴には年少さん。小さめの穴には年長さんが挑戦する。ボールも幼稚園にあるもの借りて段ボールはお店に行けばもらえます。
重さ当てゲーム・・・重さを覚えてたくさんある袋から同じ重さを見つける。
リンゴ当てゲーム・・・中身が見えない箱からリンゴをみつけたりするゲーム

ダンボール迷路は、年長さんにもなるとスルスルっと行ってしまいますが、年少さん、年中さんには、中に文字を書いておいて、なんて書いてあったか?のクイズをしたりしたら楽しいですよね。
乳児用には、Uの字程度を作って、トンネルの中をハイハイする、途中で窓があり、お友達やママが見える・・・みたいにしてみたり。

保育園や幼稚園の夏祭りのフィナーレ

 
最後は、盆踊りして花火のフィナーレ!!

息子の保育園では、お助けパパたちが前に出て、パラシュートや、打ち上げ花火を何発も列になって、一斉にあげてくれたりしました。

他の園は、ロープを張って、花火を何個も固定し、一斉に点火! ナイアガラの滝!! 工夫して子供たちを楽しませていたようです。

まとめ

園の先生も、役員のママさんも、子供たちに楽しいことをさせてあげたいけど、予算が・・・とか、何をしたらとか四苦八苦していると思います。

大変ですが、子供たちの笑顔の為に頑張ってください。

スポンサードリンク

これで、お助け出来ましたら、私も嬉しいです♪