お正月と言ったら『おせち料理』ですよね。

現代のおせち料理はバリエーション豊富ですが、基本のおせち料理って何が入ってるんでしょう?

その料理の意味ってあるんでしょうか?

食べる人、食べない人どう違うんでしょうか?

スポンサードリンク

おせち料理の由来や意味は?

“おせち”とは、年神を迎えるために備えた料理を節供料理が縮まったもの。

本来の食材購入が流通の休日・品物の供給が無い中での保存食だったり、女性の手を休めてもらう作り置き料理、新春を祝い寿ぐ縁起物の側面も世の中の進化や生活スタイルの変化の中で必然性やプライオリティや意義意味は変貌を遂げ変わった居るのでしょうが・・・

現在のように重箱を使うようになったのは、江戸時代に入ってからです。

「一説では重箱を重ねることで、幸せが重なりますように」

という願いや、料理それぞれにも願いが込められていると言われています。

《黒豆》まめという言葉には、元来、“健康”という意味がある。まめに暮らしたり、まめに働いたりできますように、という願いが。黒色は道教では魔除けの意味も。

《ごまめ》その昔、田畑の肥料として使われていたカタクチイワシを使っていることから、田作りとも呼ばれ、五穀豊穣の願いが。

《数の子》卵の粒が多いことから、子孫繁栄を意味する。

《伊達巻》“伊達男”といういいかたもありますが、派手で見栄えがいいという意味が。卵を使うので、子孫繁栄の象徴でもある。

《昆布巻き》昆布はよろこぶという語呂合わせがある、おめでたい食材。広布とも呼ばれ、世間に名を広める、つまり出世を意味する。

《えび》そのまま加熱すると背が丸くなることから、腰が曲がるまで長生きできますようにという意味が。

《鯛》めでたいの語呂合わせから。

《きんとん》漢字で書くと金団となることから、財宝を意味する。経済的に豊かな生活の象徴。

《クワイ》芽が勢い良く出る様から、<芽が出る>:立身出世や子供の成長を祈願する縁起物。

おせち料理を食べるのが少なくなったのはなぜ?

時代が変わって、食文化が変わったせいや、作るのが面倒になったと言う事でしょうね。

買う人もいますが高価ですしね。

昔であれば高価な食材を正月だけでもと言う物がありますが最近ではいつでも食べられます。

特に正月に・・・と言った所でしょうか。

食べる理由が黒豆は「マメに黒くなるまで働く」と言ったダジャレと言うのも無理がありますしねw

おせち料理を必ず食べる人はなぜ必ず食べるのでしょうか?

季節を現実に口に運ぶことでたのしんだり、縁起物や願をかけたものがあるからでしょう。

縁起にひっかけてよろ昆布(喜ぶ)巻き、田作り(もとは鰯は田畑の肥料)数の子(子だくさん)てな感じでキャスティングされてきました。

一年の始まりをおせちで始めて気を引き締めると言った所でしょう。

最近は西洋・中華風おせちもあるのでバリエーションは豊富なので、年の初めぐらいはオシャレで高価なものを食べる方も多いのです。

今では、『お取りせ おせち料理』って言うのもありますしね。

 

まとめ

おせち料理は、地域によっては違いがあると思いますが、基本的なおせち料理は、意味があり縁起がある料理です。

昔は普通に、おせち料理を作ったものですが、現代は、お取り寄せやデパートにも多く見られます。

スポンサードリンク

お正月ぐらいは、お母さん方も、料理の手を休め、おせち料理で食卓を囲み新年を祝ってくださいね。

スポンサードリンク