熱中症とは・・・

熱中症は、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。熱射病(ねっしゃびょう)や日射病(にっしゃびょう)と呼ばれているものは、重症の熱中症のことです。

医学的にいう熱射病は、視床下部(ししょうかぶ)の体温を正常に保とうとする機能が低下して、汗がとまってしまい、体温が40℃を超えて、そのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。このうち、太陽光がその一因となるものを日射病といいます。

夏バテ予防

スポンサードリンク

熱中症の予防は?

熱中症は、条件次第で誰でもかかる危険性があります。
普段から、予防をし、防ぎましょう。

屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

出かけるときは水筒などでいつも飲み物を持ち歩き、水分補給できるようにしましょう。帽子をかぶったり、日傘をさしたりして、直射日光を避け、なるべく日陰を選びましょう。

冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。

寝る時は、通気性や吸水性の良い寝具を使ったり、エアコンや扇風機を適度に使って、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。
 
普段も、扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。節電をしようと思って、「この暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけませんよ。

のどが渇いていなくても、こまめに水分補給を取りましょう。
スポーツドリンクは塩分や糖分が含まれているので、失われた塩分補給にも繋がります。

いっぱい塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事でほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

熱中症の原因は何?

熱中症とは、熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

気温の高い環境にいることで体温を調節する機能が狂ったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こる、めまいや頭痛、けいれん、意識障害などの症状をまとめて「熱中症」といいます。

からだの状態では、激しい運動などにより体内でたくさん熱が産生されたり、暑さにからだが慣れていない買ったり、疲れや寝不足、病気などで体調がよくないなどです。

この、「環境」「からだ」の要因が重なったときに、熱中症が起こりやすくなると考えられています。
注意する時期は、梅雨の晴れ間や梅雨が明けてすぐ、しばらく涼しい日が続いた後急激に暑くなった日などです。
注意する場所は、運動場、公園、海やプールなど、強い日差しが当たる屋外や、駐車場に止めた車の中、体育館、気密性の高いビルやマンションの最上階など。浴室やトイレ、寝室など、家庭内の風通しの悪い室内でも起こりやすくなります。

熱中症の症状は?

こんな症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。

スポンサードリンク

・めまいや顔のほてり
 めまいや立ちくらみ、お顔がほてるなどの症状が出たら熱中症のサインです。
 一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

・筋肉痛や筋肉のけいれん
 手足の筋肉がつるなどの症状がです場合もあります。
 筋肉がピクピクしたり固くなることもあります。

・体のだるさや吐き気
 体がぐったりし、力が入らない状態になり、吐き気や嘔吐、頭痛などを伴う場合もあります。

・汗のかき方がおかしい
 拭いても拭いても汗が止まらない。あるいはまったく汗をかかないなどと、汗のかきかたに異常があるなど。

・体温が高くて皮膚の異常
 体温が高くて体を触るととても熱くて、皮膚が赤く乾いているなどの症状。

・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
 声をかけても反応がない、返答がおかしい。
 体ひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常がある時は、重度の熱中症かと思います。

・水分補給が出来ない
 自分で上手に水分補給が出来ない場合は、重症です。
 無理に飲ませず、すぐに病院で受診してもらってください。

熱中症の応急処置

熱中症かなと思うような症状があったときは、すぐに応急処置を行い、病院などの医療機関へ連れて行きましょう。

クーラーが効いた室内とか車内に移動する。
屋外でそのような場所がない場合は、風通しの良い日陰に移動してください。

衣類を緩めて、氷枕や保冷剤で首筋や脇、足の付け根など、リンパが通っているところを冷やしてください。
うちわであおぐなど、体を冷やすように風に当てたりしてください。

水分補給が出来る状態なら、塩分と水分が同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ませてください。
嘔吐や意識がない場合は、無理に飲ませると軌道に入る危険性等あるので、絶対にやめてください。

熱中症になりやすい人は?

子供は、新陳代謝が活発なため、汗や尿として体から出ていく水分が多く、脱水を起こしやすい体です。自律神経の動きが未熟で、放熱や発汗による体温調節がうまくできません。背の低さやベビーカーの利用などで地面に近い環境で過ごすことが多く、地表からの熱を受けやすくなります。

赤ちゃんは、自分の力で移動することができないので、「寝てるから」とか「ちょっとの時間だから」と放置することはとっても危険です。特に、車内に置き去りにすることは絶対にやめましょう。

お年寄りは、体内水分量の減少により脱水状態になりやすく、さらに体が脱水を察知しにくく水分補給が遅れがちです。クーラーが嫌いとか、もったいないとかで、風通しの悪いとこに居るのは危険です。

スポーツは、日差しの強い野外での競技のみではなく、風通しの悪い体育館や、防具をつける競技も危険です。

外での作業は、蒸し暑い日差しの強い環境で、長時間の作業は、体の負担が高まるので、汗や水分が失われ、日差しのや熱の影響を受けやすくなります。

まとめ

スポンサードリンク

まめに水分補給し、風通しを良くし、過ごしやすい環境を作ることで、予防は出来ます。
気温や体調を気にしながら、生活してください。
お子様やお年寄りにも、気を使い、対策を練ってくださいね。