女性の病気でもある

乳がん・・・
 

乳がんの生存率って知ってますか?

胸だけなら5年の生存率は70%

脇までいってしまったら50%

ガン予防の為にもリンパマッサージとかリンパドレナージュやってますか?

そもそも、リンパって何なの?

少し知っておきましょう。

スポンサードリンク

リンパってどんなもの?

そもそも、人間の体には“ふたつの流れ”があります。

一つ目の流れは「血液」

血管は、皮膚の下にあり、全身を巡り 酸素 や 栄養 を運びます。

二つ目の流れは「リンパ液」

リンパは血管と骨の間にあり、全身を巡り 老廃物 などを運びます。

この「リンパ」の役割と言うと・・・

老廃物の回収と排泄という大事な役割があります。

他にも、ウイルス抗体の生成です。

ウイルスが体に入って来た時に、これではダメ!!っと戦う為の抗体を作る役目をしています。

細菌や毒素の退治をしてくれます。

血液は、酸素や栄養を運ぶ「上水道」だとすれば、

出てった物を何とかしようとするリンパ管やリンパ液は

体の「下水機関」とも言われるほど大事な機関なのです。

この二つの大きな違いは?

血液とリンパ液、よく似てると思いますが、仕組みがそもそも違います。

 

「血液」は、『心臓』というポンプで流れていますが
「リンパ液」は、『筋肉の働き』によって流れています。

 

 

つまり・・・・・

自分では流れないと言う事です!!

運動しているときは、流れているんですね~

リンパの流れが悪くなるとどうなる?

手足がむくんだり、免疫力が低下したり、肩こりや疲れがが出ます。

なので、よく聞く『リンパマッサージ』や『リンパドレナージュ』が大事になるのです。

そのリンパの流れが滞りやすいところがあるのです。

それが『リンパ節』と言う部分なのです。

『リンパ節』ってどんなものあ?

なっなっなんと!!

リンパ節は、全身に800ヵ所以上あるリンパ管をつなぐ部分で

リンパ液の浄化を行うフィルター的な役割をしているのです。

体の代表的なところでは・・・

  • 首元の「頸部(けいぶ)リンパ節」
  • 鎖骨の「鎖骨リンパ節」
  • 脇の下の「腋窩(えきか)リンパ節」
  • お腹の「腹部リンパ節」
  • 内股付け根の「鼠径(そけい)リンパ節」
  • 膝裏の「膝窩(しっか)リンパ節」

リンパ節
このように代表的なものだけでもこれだけあります。

本来、リンパ節でがん細胞をやっつけておさえ込むはずなんですが

リンパ節も負けてしまうケースがあります。

そうなると、リンパの流れで転移する事になってしまいます。

でも、それを流してしまったが為に、全身にガンを流してしまう可能性も・・・・

リンパの流れを良くしてガン予防しよう

なので、リンパを自分でや、リンパマッサージやドレナージュに行く前に検査はしましょう。

お店でも、ガンの方やリュウマチの方、妊婦さんなど、色々リンパを流してはダメな方もいます。

それなりのアンケートや同意書なども記載してほしいと言われるとこも多いでしょう。

それぐらい、リンパ節は大事なところなのです。

検査で異常無い方は、まめにリンパの流れをよくし、

体に溜まった老廃物を流し

スポンサードリンク

ガンや免疫力UPなどの予防に心がけましょう。

スポンサードリンク