土用の丑の日て、今まで何の疑問もなくうなぎを食べてきましたが、土用の丑の日の意味ご存じ?

まず土用とは土曜日のことではありませんよ!

スポンサードリンク

土用の丑の日って何?

五行暦による節(期間)のことです。

土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節です。

1年のうち不連続な4つの期間で、四立と言われ、立春前・立夏前・立冬前の18日間を土用(どよう)と言います。

丑の日(うしのひ)のほうは、1年365日すべてに十二支を割り振っているので、12日周期で丑の日はやって来ます。

この2つの条件が重なった日が「土用の丑の日」となります。

土用が大体18日程ありますのでその間に丑の日は1日ないし2日はあることになりますね。

土用の丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?

元々は中国の五行思想(五行説)が起源になっています。[当時の最高学問]

万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなり、これらの火・水・木・金・土というのは現在の暦の元になっており、現在の1月~2月ではなく、火~土が使われ、今日は火用の〇〇の日という使われ方をしていたのです。

その中に「土用の丑の日」も存在していたのです。

本来の土用の丑の日の意味は、土用は基本的に土に感謝する時期であり、当時は田畑を耕すのに水牛が使われていたのですが、丑の日は、それらの牛を休ませる日、という意味合いがありました。

そして、土用の丑の日は、田畑を休ませ、牛も休ませる日となり、土と牛にちなんで、黒い物を食べる、という習慣があったのです。

スポンサードリンク

本来であれば、黒い野菜や黒い魚(鯉・鮒・うなぎ)などを食す日だったのですが、平賀源内がその知識を元に、うなぎ屋にこの風習を教え、この風習をキャッチフレーズにしてうなぎを売る事を勧めたのが現在にまで至った本当の理由です。

なので、本来の「土用の丑の日」は田畑を休ませ黒い物を食べる、という事なので、ごぼうや黒い魚を食べればOKで、うなぎじゃなくても良かったのです。

一説によれば、「うどん」「梅干し」「瓜」を食べる習慣があったらしいです。地方によって、「牛肉」「馬肉(うまにく)」なども。

土用の丑の日はいつ?

2015年 土用の丑の日

【冬】1月13日(火) 1月25日(日)[二の丑] 【春】4月19日(日)
【夏】7月24日(金) 8月5日(水)[二の丑] 【秋】10月28日(水)

2016年

【冬】1月20日(水) 2月1日(月)[二の丑] 【春】4月25日(土)
【夏】7月30日(木)
【秋】10月22日(土) 11月3日(木)[二の丑]

まとめ

うなぎは飛鳥・奈良時代から滋養強壮にいいとされ、万葉集にも「夏バテでやせてるならうなぎを食べなさい」と歌われているんですよ。

うなぎにはビタミンA・Eや栄養が豊富なので、真夏や季節の変わり目に食べるのは理にかなっていますね。

私は、ひつまぶしが1番好きです~!

最初はそのままで!2杯目は薬味で!3杯目はお出汁で! あるお店は、とろろもあるんですよ!!またこれが美味しい♪

スポンサードリンク

うな重や、うな丼、色々ありますが、年に1回は食べたいですね~!