春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み・・・っと、色んな休みで、どこか行こうと考えますよね。

キャンプなんてどうですか?

キャンプは、春夏秋冬いつでも出来ます。

キャンプの楽しみ方を、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

キャンプを楽しむには何をする?

さて、キャンプって何する?

キャンプ場に行って、テント張って、カレー作ったり、あとはテントで寝る?それだけ???

キャンプ行くにも、テント持って行かないといけなの?寝袋とか?

そんな初心者さんもいらっしゃいますよね~

今は、全国どこでも、キャンプ場ってあるので、個々に違いますが、テントも貸し出ししてくれますし、毛布や寝袋もレンタルできたりします。

食事も、バーベキューですかね?

バーベキューセットもレンタルできるとこもありますし、炭もその場て購入できるとこもあります。

なので、食材や飲み物等だけ持って行けば、あとはその場で調達って事も出来ますね!

私も毎年行きますが、その場で借りるのは、バーベキューセットのみで、あとはキャンプ場に行く道中に買っていくか、前日に揃えておきます。

さて、キャンプ場に着いたら何をする?

取りあえず、荷物を置くためにテントを張らないと!!(テントを借りた方はですが・・・・)

また、テント張もキャンプの楽しみですよね。

みんなで協力して張らないと、1人では大変。お父さんやって~って言ってないで、みんなで一緒にテント張したらいい思い出も1つ増えますよ。

テントが張れたら、中へ・・・下が痛い・・・ってときもありますね。

テントを張る場所によって、下が悪い時がありますので、よく選んでテント張をしましょうね。

よくキャンプをする方は、エアーベッドを持って行く方もいますよ。

テントは張れました(テントの方は)

早い時間から来た方は、夕食までの時間何してます?

それは、春夏秋冬、時期によって違いますが、水にはいれる時期なら、川遊びしたり、寒い時期でしたら、山登りしたり・・・

キャンプ場によっては、体験教室があったりします。

私の知っているところは、大人から子供まで楽しめる、そば打ち、陶芸、ニジマス掴み、野菜の収穫、お手玉、木工、竹トンボ、はたおり、座禅、森の小枝笛、五平餅づくり、絵付け、思い出の木はがき、森林体験など、楽しめるものもあります。(いずれも事前予約が必要ですが)

何やかんややってると、おなかが空いてくるので、バーベキュー!!

火をお越し、バーベキューをしましょう。

バーベキューって言っても、肉を焼くだけとか、焼き肉と変わらないって言うのが定番ですが、他にも楽しみ方はありますよ。

翌日も、朝からバーベキューして朝食する方もいます。

翌日は、テントのかたずけして、ごみも綺麗にして持ち帰りましょう。

その場のマナーに沿って、楽しみましょうね。

時間がまだあるって人は、またまた川遊びや、前日出来なかった、体験教室など充実したキャンプを楽しんでください。

キャンプを楽しむバーベキュー料理は?

バーベキューって言っても、肉や野菜を焼くだけじゃないんですよ!

スポンサードリンク

ひと手間加えると、焼くだけ料理がこんなにおいしく出来ちゃいます。

野菜なんかも焼いていると、あれれ!!焦げ焦げ・・・って正直ありますよね。

そんな時は、ホイル焼き! 玉ねぎやキノコ類、塩コショウ、バターをホイルで包んで、バーベキューコンロの済の方に置いておくだけで、焦げずに美味しく出来ます。

魚も串を忘れた時は、ホイルで巻いて焼けば、ボロボロにならず焼けますよ。

ホイルは、何でも包んでしまえば、蒸し料理♪

屋台風イカ炭焼きなんかは、前日から味付けしておいたイカをじっくり焼けば出来上がり。

ご飯は、炊き込みご飯なんてどうですか?米と炊き込みご飯の素があればあっという間に出来上がり!

山に筍があったりしたら、筍の丸焼き何かは?(掘って良いか許可が必要なところは確認してくださいね)
掘り起こしたばかりの筍を湿った新聞で包んでからホイルで包み、焚き火の中へ。焼き上がったら穂先はわさび醤油で食べたり、天ぷらにしたり。

箸休めに、お漬物とかもいいかもしれないですね。私は、きゅうりの1本漬けを持参したりします。

焼系ですと、昼間に取ったニジマスやあゆなどの塩焼きたったり、さんまの塩焼き 焼とうもろこし マグロのカマ焼き なんかもどうですか?

バーベキューの火を使って、鍋をやる人もいます。ブイヤベースやチーズフォンデュ。それも楽しいですね。

デザートには、マシュマロを棒に刺してマシュマロ焼なんか、子供がすごく喜びます。

色々アレンジしたら、普通のバーベキューも、一段と楽しめますよ。

キャンプ楽しむ 宿泊施設は何?

キャンプ場にもよって違いますが、テント、バンガロー、ロッジ、コテージ、キャビンなどなど、宿泊施設はいろいろあります。

基本的に・・・

コテージ とは・・・一戸建ての家全体を貸し切るタイプの宿泊施設。部屋は通常複数あり、キッチンや食器、寝室、浴室、トイレなどが装備され、冷暖房やテレビまでそろっているものもあります。貸別荘に近いものです。

バンガローとは・・・木造の簡易な小屋。6畳~10畳程度の板の間の部屋がひとつあるだけのシンプルな作りです。キッチンや浴室などの設備は一切なく、通常は電燈と電源が付いているだけです。テントの代わりに木造の箱(スペース)があるといったイメージです。

キャビンとは・・・ 木造の簡易な小屋で、キャンプ場ではバンガローと同程度のグレードで使われます。ケビンとも呼ばれます。

ロッジ・・・ 山小屋を意味し、山小屋風のホテル・旅館、山荘などの意味で使われます。キャンプ場ではコテージとバンガローの中間的なグレードになります。

キャンプ場によっては、呼び名も違っているとは思いますが、基本的には、こんな感じです。

まとめ

キャンプだけではなく、バーベキューなんて、家の庭でも、バーベキュー会場など設置してあるところもありますので、楽しみ方は、自分たちなりでいろいろ試してみると楽しいバーベキューにもなりますね。

スポンサードリンク

キャンプは、みんなで楽しむものですので、ケガがないように、楽しくやりましょうね。